1. Top » 

LDP Individual Approachについて

初めまして、Class of 2019のYです。

今回は当校のLeadership Development Program(以下、LDP)のIndividual Approachについて説明させて頂きます。LDPとは各々が目指すリーダー像を把握・実現するために、LDPのカウンセラーや専門コーチとともにMBAの学生全員が取り組むプログラムのことをいいます。最初にHogan Assessmentというツールを使って自己分析を行ったのち、その後IndividualかSharedのいずれかのアプローチを自身で選択し、各々が目指すリーダー像を深掘りしていくことになります。Sharedのアプローチについては2017年7月のブログにToshiさんからの記載があるので、そちらもあわせて参考にして頂ければと思います。

Individualを選んだ理由としては、実務において10人程度のメンバーを4年間率いた経験があり、自分のリーダーシップのスタイルを完全ではないものの持っていたことと、この部分は自分なりに改善する必要があるのではないか?という自分なりの問題意識を持っていたためです。リーダーシップのスタイルについては正解がなく、その人の性格・特性やバックグラウンドに大きく関わる部分であるとの認識があり、自分なりのリーダーシップスタイルを模索していた私にとっては、Individualのアプローチは非常に魅力的に感じました。

Individualのアプローチを選択すると同時に、今後いっしょにやっていくことになる専門コーチの希望を申請することができます。私の場合は、「私の今後取り組む業務領域について知見がある」、「新規事業の立ち上げ経験がある」、の2つを特に強く伝えました。その結果、私が希望を満たす専門コーチについてもらうことができました。専門コーチを仕事にしておられるというよりか、ある会社のCEOをされており実務経験が豊富な方です。

先日、専門コーチの方と初回のカウンセリングがありました。私なりのリーダーシップスタイルを説明し、Hogan Assessmentを参考に議論をしました。日本とアメリカでキャリアの考え方やマネジメントスタイルの違いがあること前提で、率直に意見を言って欲しいということをお伝えしています。初回の打ち合わせで、課題が見えてきたので、次回のカウンセリングに向け早速宿題が出ています。

LDPについては、入学するまで知らなかったのですが、少人数制のOwenならではの素晴らしいプログラムではないかと思っています。ぜひ有効活用していこうと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Owenでチャレンジできること

初めまして、Class of 2019のAKです。

本日は、Owenではクラスやクラブ活動以外でも得られる魅力的な経験機会についてご紹介させて頂ければと思います。

Campus Visit Coordinator
OwenではAdmission teamと共にCampus visitorの受け入れ・スケジューリング等を学生側が運営しており、通称CVCと呼ばれるコーディネーターが1年生(3名)と2年生(2名)合わせて5名在籍しています。今年は、1年生の中でおよそ半分にあたる70名が3名の枠に応募する非常に高い競争率となりました。私も応募し、エッセイの提出と2年生2名とAdmission3名と面接させて頂きましたが、残念ながら選ばれることはできませんでした。ただ、これをきっかけに2年生とも交流する機会を得られたこと、面接やエッセイも良い経験を積むことができたと思っています 。

Distinguish Speakers Series
OwenではDean’s officeが年間約6名の有名企業の現役CEOを招致しSpeaker seriesを開催していますが、CEOの受け入れ、ロジ周りのアロケーション、また当日のランチ接待等は学生主体で執り行っており、例年この運営にあたってboard memberを募集しています。特に、Deanと共にランチ接待する機会はCEOと直接コミュニケーションを取れる貴重な経験機会となる為、こちらも多数の学生が応募していました。CVCとは異なりエッセイ提出が1次選考、面接実施が2次選考となります。私は2次選考までは進めたもののポジション獲得には至らず、いかに他の優秀なアプリカントとの競合に打ち勝つべきか考えさせられる良い機会となりました。

Warren Buffet Tour
オマハの賢人として有名なウォーレン・バフェットと一緒に食事をしながら、バフェット哲学を学べる非常に稀有な機会がOwenでは得ることができます。今年は、当校だけの枠として20席も与えられたこともあり、人気のTourとなっていました。選考ではエッセイの提出、そこからエッセイの若干の審査があるもののランダムで20名選出されるプロセスで、こちらも縁は頂けませんでしたが、金融のバックグランドのある人間にとっては非常に興奮させられる機会となりました。

Project Pyramid
GlobalにSocial Impactを与えようということについて、Mod一つを丸々使った講義と休暇期間中には自分達のチームで作り上げたプロジェクトを完成させるべく実際に現地に足を踏み入れ深遠的に学習する機会が得られます。特に、Owenは後述させて頂きますがTurner Family Centerを通じて南米との関係が深く、日本からは中々アクセスするの難しい南米地域の社会に貢献できる点で大変魅力的な環境にあります。また、このクラスでは、OwenだけでなくVanderbilt全体から学生が集まり一緒になってプロジェクトに取り組む為、Vanderbilt全体で交流の輪を広げることができます。年々人気の高まっている状況ですが、選考プロセスではエッセイの提出と面接があり、 今年は枠の2倍以上の応募があり従来は全員が受けられた面接も今年からは2次選考扱いとなりました。

Fellowship from Turner Family Center
Owenにはダラーゼネラル創業者の財団が設立したTurner Family Center(TFC)があり、Social Impactに関心のある学生とTFCのメンバーが協働して様々なイベントを企画しています。このTFCは毎年学生の中からfellowを選出して、夏季休暇期間中に各企業や財団、国際機関にInternshipとは別にfellowとして派遣してSocial Impactの拡大への貢献できる機会も提供しています。私は目下選考過程の途中にありますが、選考委員会は教授・学生・TFCのスタッフによって構成されている為、アプリケーションを強化する上でも必然的に2nd yearの学生やTFCのスタッフとの交流機会が増え、自分一人では思いつかないアイデアや思考回路を学ぶ機会が豊富にあり、TFCとの活動を通じて刺激的な毎日を過ごさせて頂いています。

ISSS (International Student & Scholar Services)
ISSSはVanderbilt大学全体に在籍するInternational StudentのVisa手続きをはじめとした生活に関わる事、或いは各スクールの垣根を超えた活動をサポートしており、ISSSに関わる事によってOwen以外でも交流関係を深める事ができます。特に、Vanderbilt大学はMedical School, Law School, Educational Schoolにおいては全米でもトップクラスに常にランクインしている為、ビジネススクール以外で優秀な生徒と交流を持つには最適な場所ではないかと思います。ISSSも勤務するスタッフと学生によって運営されており、私も現在ISSSの委員として活動していますが、イベントの企画や運営においてOwen以外の学生と協働する機会が豊富にあり貴重な経験機会を得られていると感じています。

以上の様に、MBA留学を通じて学習機会やOwen内の交流だけでなく様々な経験機会があるのもOwenの魅力の一つだと思いますので、是非御参照戴ければと思います。また、何かより具体的な質問等がありましたら、遠慮なくご連絡戴ければ幸いです。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

子どもと一緒のNashville生活について

はじめまして。Class of 2019のAiです。

7月の渡米よりすでに4ヵ月が過ぎ、こちらの生活にも慣れてきました。私は5歳の子ども連れですので、今回は子どもと一緒のNashville生活、特に小学校についてご紹介したいと思います。家族にとって初めての海外生活であることに加え、近年、同年代のお子さん連れの留学生がいなかったため、渡米前は少し不安に思っていましたが、今はこちらの生活が快適で楽しい!と感じています。

まずは、小学校についてですが、私の子どもは5月生まれのため、8月開始のKindergarten(義務教育)に入学することができました。入学準備の詳細はJapan Business Club公式HPのManual for Nashville(http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/6_life2.html)をご覧いただきたいのですが、必要手続きが完了次第、お住まいの場所に応じて学校が決定されます。

私の子どもは家から車で5分程度のEakin Elementary Schoolとなりました。当校はEnglish learners向け指定学校で、先生はとても理解があり、Openな雰囲気です。Emailや専用の携帯アプリで積極的に親とのコミュニケーションをとってくれ、海外生活が初めての子どもも暖かくサポートしてくれます。20名ほどのクラスには、Vanderbilt大学関係者のお子さんもおり、さまざまな国籍のクラスメートも在籍しているため、公立学校でもダイバーシティを感じることができる教育環境です。今年はたまたま日本人のクラスメートがおり、子どもにとっては心の支えとなり、すぐに学校になじんでくれました。

そして先日、学んだばかりのアルファベットのFashion Showが学校で行われました。一人ひとりが自分の好きな一文字を選び、その文字にちなんだ絵や言葉を飾った自作のベストを着て、先生や親の前で披露するというものです。わが子もみんなの前で自分の名前とアルファベットをちゃんと話すことができ、わずか数ヶ月での大きな成長を感じることができました。親として、これらのイベントにも積極的に参加し、アメリカ学校の仕組みや習慣、文化など、MBAにとどまらない貴重な経験をしていければ、と思っています。

Nashvilleは日本人がとても多いということはありませんが、周りにはVanderbilt大学のメディカル関係で、お子さん連れの日本人の方もいらっしゃるため、困ったときには助け合うという関係を築くことができます。周辺は治安が良く、緑・公園も多いほか、毎週のように子どもも参加できるアートや音楽などのイベントが各所で開催されるため、ご家族連れの方にとっても、安心して楽しく過ごすことができる街だと思います。

ご家族連れでの留学を考えているいらっしゃる受験生の方には、現地での生活は学校選択の上で重要な判断基準になるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Summer Internship

Class of 2018のMoriです。
今回は夏のインターンシップについての経験を共有させていただきます。

Owenを含め、2年制MBAは大体3ヶ月のSummer Breakがあります。日本人の社費留学の方を除き、この期間は卒業後の就職先を見据えたサマーインターンをする期間に充てられます。私費留学の私は、この期間を利用してインターンを行いましたので、インターンまでの流れと経験をお話させていただきます。

私は専門職であり、今までいわゆる“ビジネス”というものを経験したことがありませんでした。MBAの授業で学習していることが実際の社会でどのように活かされるのかということを経験してみたいと考え、コンサルティング業界でのインターンを希望しました。また、卒業後は帰国することを前提としていたため日本でのインターンを希望しました。(余談ですが、こちらでは政権交代後、アメリカ国籍を持たない学生のインターンを含めた就活はこちらでは厳しくなっているようです。)まずは11月に、ボストンで日本企業が海外留学中の日本人向けに行うキャリアフォーラムに参加し、興味のある会社にResumeを提出しインフォーマルな面談を行いました。その後、正式に各企業がサマーインターンの募集を開始しますので、規定に沿って申し込みを行い、面接のオファーを受け、Skypeを通じて、もしくは実際の米国支社で面接を受けました。この面接は数回に及び、毎回様々な課題が出されるため、それぞれに頭をフル回転させて言葉を選んで応えていくという工程はなかなかしびれましたが、同時に短時間でいかに論理的に物事を考え、人に伝えるかという練習にもなりました。その後、会社から正式にオファーを頂き、私は外資系戦略コンサルティング会社と対象業界を絞ったコンサルティング会社の2社で計2ヶ月のインターンを行いました。

MBAでの授業の中には会計や統計、ファイナンスといった数字を扱い、その状況に応じて即使える知識もある一方で、組織論や戦略論、リーダーシップ論などなかなか即効性のあるとはいえない学問もあると私は考えています。実際の社会で働くときには、前者の数字など答えがある経営学的知識も必要とされる一方で、決まった答えの無い事象や問題を解決するために、後者の経営学的知識が多くの引き出しを自分に与えてくれるのだということを、この夏のインターンを通じて気づくことが出来ました。ありきたりな言葉かもしれませんが、今まで経験したことのなかった世界に飛び込み、懸命に努力することで自分の成長とネットワークの広がりを感じることが出来、とても貴重な経験を得ることができたと思います。

現在は社費留学の方向けのプログラムを用意しているコンサルティング会社もあります。留学中の貴重な夏の期間をどのように過ごされるかは、卒業後に有意義なMBAだったと言えるかどうか、一つの要素となるかもしれません。
受験生の皆様はすでにお忙しいとは思いますが、さらにこれからが大変な時期かと思います。悔いの無いように受験を迎えられること祈っております。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

新年度スタート

こんにちは!Class of 2018のTomoです。
夏休みも明け、Owenでの2年目がスタートしました。

一般的にこちらの学生は、夏休みを迎えるまでに就職活動をし、夏休みの間にその内定先企業で数週間~数ヶ月のインターン実習を行いますが、企業派遣生(主に日本人と韓国人)は就職活動が不要なため各々自由に夏を過ごします。Class of 2018には日本人が全員で6人いますが、この夏の過ごし方をご紹介すると、勤めている会社のアメリカにある拠点でインターンを行った者もいれば、日本国内でインターン先を探し当て日本国内でインターンを行った者もいますし、交換留学制度を活用しヨーロッパの提携校に留学した者や夏休みの全期間を旅行に充てた者もいる等、多種多様な過ごし方をしました。

さて、新年度の初日にはオープニングベルという朝食や軽食をつまむ集まりが催されます。新1年生にとっては本カリキュラムの初日でクラスメートと懇親を深める場ですし、新2年生にとってはインターンでの経験やお互いの夏休みの過ごし方をシェアする場となり活気のある朝になります。

そして、今年は新たに3名の日本人が新1年生(Class of 2019)としてOwenに加わりました。今後ブログにも登場しますし、JBCのHPにおけるStudent Dataにも近々プロフィールおよび受験体験記をアップロードしますのでご確認いただけたらと思います。また、JBC (Japan Business Club)としては、昨年の広報活動および全クラブにおけるベストインパクト賞受賞の効果もあり、昨年の会員数30名を大幅に上回る80名以上の規模となりました!Owenの生徒が340名程度(1・2年生合計)ですので、凡そ4人の内1人がJBCに入会したことになります。限られた予算のなかで昨年のイベントを経験した人でも楽しめる企画を考えるのはチャレンジングですが、日本文化の理解を深めることができる絶好な年になりそうなので日本人で力を合わせ、アメリカ人も巻き込みながら期待を超える1年にしたいと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター