1. Top » 

交換留学制度について

こんにちは。Class of 2018のYoshiです。

今回はOwenの交換留学制度についてご紹介します。Owenは世界各国のビジネススクールと提携関係にあり、それらの学校と交換留学制度を持っています(Owenの卒業単位にカウントできます)。交換留学には様々な形態があり、2年次の一定期間(秋学期もしくは春学期)を使って行われるもの(いわゆるExchange Programs)もあれば、MBAの1年目と2年目の間(つまり夏休み期間中)の2-3週間を使って行われるMaymester study abroad programというものもあります。私は昨年6月にMaymester programの一環で、ノルウェーのベルゲン市にあるNHH(Norwegian School of Economics)にてNatural Resource Managementというショートコースを受講してきました(Owenでは2単位にカウントされます)。

参加者は私のような提携校の生徒、および現NHHの生徒に限定されていましたが、世界各国から人々が集い、普段のOwenでの生活とはまた違ったコミュニティを作るのに有意義でした。日本人の参加者も私以外に数名いましたが、アメリカやカナダ、オーストラリア、そして意外なところでは東欧圏からの参加が多かったように思います。

プログラムは、日中は講義中心で(朝9時から夕方4時まで)、ノルウェー独自の化石燃料のマネジメント方法やヨーロッパ電力市場の現状と課題、環境問題、水産物を中心とした再生可能資源のマネジメントなど、Owenの授業では聞けない話題が目白押しでした。教授陣は基本的にノルウェー人ですが、授業は全て英語で行われますのでご安心を(年輩の教授であればあるほど、強いノルウェー語訛りがあるので、その点は覚悟が必要ですが)。また、企業訪問も2回組み込まれ、ノルウェーの誇る水産業および石油・天然ガスビジネスの第一線にいる方々から話を聞くこともできました。

一方、授業の終わった後は、TA(Teaching Assistants)主導でハイキングやバーベキューなどのイベントが数多く催されました。2週間のプログラム期間のうち、ほぼ半分(もしくはそれ以上?)は何らかのイベントがあった気がします。6月のノルウェーは日没が夜12時過ぎぐらいで日照時間が非常に長いので、授業が終わった後からでもハイキングに行けますし、クラスメートの中には11時過ぎからダウンタウンに繰り出していく人達もいました(店も夜遅くまでやっています)。TAによれば、ベルゲンのナイトライフはこのプログラムの醍醐味だとのこと。私は出席者の中で比較的年配の方だったので、あまり夜遅くまでは付き合いきれませんでしたが、体力のある方であればベルゲンの夜は楽しいこと間違いなしでしょう。

一方で、問題なのが物価の高さです。ノルウェーは国別幸福度ランキング2017で首位に選ばれるほどその豊かな福祉政策で有名で、教育と医療が無料なのですが、その代わり高率な税金が課されているため、物価が非常に高く、旅行者の財布には厳しい国となっています。コンビニの一番小さいホットドッグで800円、マクドナルドのセットで2,000円、普通にディナーとなれば4,000円ぐらいの出費は覚悟する必要がありました。ビールも一杯1,000円はするので、飲みに行くのもなかなか勇気が要ります(苦笑)。私の場合は、クラスメートと自炊クラブを作り(といっても、私はほとんど洗い物担当でしたが、、、)、近くのスーパーで買ってきた食材を寮で調理することで生活コストを抑えました。このあたりは個人の工夫が必要となる部分かもしれません。

製鉄会社で原料調達に従事してきた私にとって、プログラムの内容自体、非常に関心のある分野だったことが参加の主な理由でしたが、そうでなくとも楽しめるプログラムだったように思います。日頃馴染みのない北欧の地で過ごした日々を通じて、アメリカでは得られないであろう様々な気付きを得ることが出来ました。また、ノルウェーはフィヨルドを数多く抱えるとても風光明媚な場所でもあるので、機会があれば是非、交換留学制度を活用されることをおススメします。

※なお、交換留学先はノルウェー以外にもたくさんあります。南米(ブラジル、メキシコ、チリなど)、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イタリア、オーストリアなど)、アジア(中国、シンガポール、香港など)、オーストラリア、等々。提携校は世界各地にありますので、是非ご自分のニーズに合った場所やプログラムを探してみてください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Road Tripについて

こんにちは。Class of 2018のTakuです。

日本にいた際は、年の瀬は非常に慌ただしい時期でしたが、我々MBAの学生は、現在冬休みの真っ最中でリラックスムードです。会社の同僚に知られれば怒られそうですが、MBAは、日本の会社員では考えられないほどの長期休暇があります。他大学も似たようなものですが、Owenの場合、Mod1、2の間、Mod3、4の間はそれぞれ1週間、冬休みは1か月弱、そして夏休みは3か月もあります。恐らく定年退職するまでこのような長期休暇を取れることはないでしょうから、日々そのありがたみを噛み締めながら過ごしております。

休暇の過ごし方は人それぞれですが、やはり旅行は外せません。その中でも、今回は自動車でのロードトリップについてご紹介させて頂ければと存じます。Nashvilleは一般的に南部に区分されますが、地図上ではアメリカの中央やや東寄りに位置しており、様々な場所へのアクセスが良いことで知られております。以下に、Nashvilleに住んでいる人々が自動車でよく行くエリアを記載いたします。()内はNashvilleからの自動車での目安時間です。

・ マンモスケーブ国立公園(1.5時間)・・・世界で最も長い洞窟群。鍾乳洞で有名。世界遺産!
・ チャタヌーガ(2時間)・・・テネシー南東部の風光明媚な観光都市
・ メンフィス(3時間)・・・ブルースの街。プレスリーが住み、キング牧師が暗殺されたことでも有名
・ アトランタ(4時間)・・・いわゆるディープサウスの最大都市。水族館やコカ・コーラミュージアム等が有名
・ グレートスモーキーマウンテン国立公園(4時間)・・・アメリカで最も観光客の多い国立公園で、グランドキャニオンの何と2倍!
・ シカゴ(8時間)・・・アメリカ第三の都市。美味しい日本食を頂けるのが個人的には嬉しい
・ ニューオリンズ(8時間)・・・ジャズ発祥の地。カキも美味しくて有名
・ オーランド(10時間)・・・ディズニーワールドリゾート、ユニバーサルスタジオ等で有名
・ ワシントンD.C.(10時間)・・・ご存知アメリカの首都。博物館等が充実

10時間の運転等とても無理だと思われたかもしれませんが、アメリカでは割と普通のことです。そして、日本人でも直ぐに慣れます。アメリカのハイウェイは、日本よりも直線的であることが多いので、運転は比較的楽です。車線、ハンドルの左右の違いはあっという間に慣れますし、人々の運転マナーも日本と同じくらい良いという印象を持っています。渋滞は日本よりよっぽど少ないです。また、何より非常に安く旅行ができるというメリットがあります。基本的にハイウェイは無料で、ガソリン代も日本と比較すると約半分です(2017年12月現在)。

ロードトリップの良い点は、アメリカの自然や文化の地域毎の違いを感じられることでしょうか。学生の時に地理が大好きだったのですが、「このあたりから北はコーンベルトで、南はコットンベルト」、「これがセンターピボット農場か」、「これがアメリカの近代化を資源面で助けたアパラチア山脈か」等と風景を見ながら運転していると、飽きることがありません。冬場に北から南にドライブすれば、一年間の植生の変化を一日で体験することもできます。また、地域によって町の雰囲気も全く異なりますし、気候の影響で家屋の形が全く違うことにも気づきます。アメリカというのは、大きく特徴が異なる州の集まり(合衆国)だということがよく感じられます。一方で、大企業の驚くほど統一化されたフォーマットの店舗がどこの都市にもあり、ある部分では非常に均質化された文化を共有していることもよく分かります。また、「アメリカは一部の大都市以外は全て田舎である」などとよく言われますが、車で移動していると、その田舎での生活がどのようなものであるかもよく分かってきます。これは飛行機での旅行ではあまり経験できないことではないでしょうか。

ロードトリップは、アメリカ社会を日常的な目線から学ぶ良い機会だと思います。こうした経験が将来の仕事に使えるのではないかと思っております。が、そうでなくて単純にレジャー、家族サービスとしてもお勧めの経験です。私は夏に1か月ほどかけて、グランドサークル、西海岸まで自動車で旅行しましたが、一生の思い出です。受験生の皆さんも大変な時期かと思いますが、MBA入学後はこのような楽しいことも色々待っておりますので、是非頑張ってください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

二年目のMod II振り返り

こんにちは。Class of 2018のSotaです。

早いもので、MBA生活も2年目の折り返しを迎えてしまいました。2年前の今頃は現在のアプリカントの皆さんと同じように、スコアメイクに四苦八苦しながらアプリケーション作りに追われていた日々を過ごしていたと記憶しています。今回のブログでは、2年目のMod II生活の概要を記載すると共に、Owenの特長と言われているSmall School / Collaborative Communityに関して、これまでのOwen生活を通じて個人的にその良さを感じた例を参考までにご紹介出来ればと思います。

まず初めにMod IIの概要について振り返ってみたいと思います。
1年目のMod IIは必修3科目と選択1科目といった授業プログラムだったのに対して、2年目は基本的に全て選択科目とすることができます。学習面に関して、個人的に2年目になって感じた大きな違いとしては、専門性を深めることに対する意識が大きくなったことです。1年目は必修科目や様々な分野の授業(HOP, Operation, Marketing等)を幅広く履修してきましたが、2年目は卒業後の自分のキャリアパスを考慮した結果、私はFinanceとStrategy分野の授業を中心に履修したいと考えるようになりました。後ほど記載しますが、授業選択に関してもSmall schoolであるOwenの特徴のおかげで、興味のある授業を計画的に履修出来ていると思っています。また、授業以外では、Mod 2の期間中には1週間のThanksgiving休暇があり、その他にもOwen全体のイベントとしてInternational Closing BellやHoliday Partyがある等、Owen内での交流を深める機会が沢山ありました。このような機会を通じてもOwenのSmall school / Collaborative communityの良さが最大限発揮されているものと思っています。

次に、個人的に感じているOwenの特長に関してもう少し具体的に説明していきます。
ビジネススクールでの授業履修の方法は学校によって異なりますが、多くの学校ではbidding システムが採用されている一方で、Owenでは履修登録が開始されたタイミングから単純に早いもの順という決め方となっています。人気のある授業は登録開始から短時間で埋まってしまう場合もありますが、逆に予め準備さえしていれば人気のある授業を幾つでも受講することが可能です(個人的にこれまで受講したい授業は全て取ることが出来ました)。どちらの方法が良いかは一概に言えませんが、Owenの履修登録方法はsmall schoolであるからこそ可能であると私は考えており、個人的にはとてもプラスに感じています。

また、Class of 2019の1年生が入学してまだ3ヶ月強ですが、ビジネススクール専用の校舎という環境や、上述した様々な学校イベント等を通じ、学年が異なっても大体の人の顔は認識出来る様になりました。これもOwenのSmall school、そしてCollaborative communityの良さが表れている点であると感じています。Vanderbilt大学のビジネス専攻の学部生などはOwenの授業を受講することが出来ないため、基本的に校舎にいることもありません(一部図書館等は共有)。周囲の人間全員がOwenの生徒であることを学生間で共通認識できることもCollaborativeなカルチャーを育んでいる一因であると考えています。

アプリカントの皆さんにおかれては、年末年始も含めてこれから極めて忙しい1、2ヶ月になるかと思いますが、お体に気をつけて是非頑張って下さい!我々在校生も可能な限り応援出来ればと思っていますので、Owenに関して興味をお持ちの方や、個別にご質問がある場合は、是非ご連絡を頂けたらと考えております。JBC公式HPトップ画面右上のメールボタンを押下頂ければJBCの連絡先が表示されます。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Strategy and Operations Consultingについて

こんにちは。Class of 2018のToshiです。今回はOwenの授業の中でも一風変わっている”Strategy and Operations Consulting”についてご紹介いたします。

授業名の通り、本授業では実際に企業が直面している課題に対して、学生がグループを組んでコンサルティングを行うHands-onな授業となります。講師としてOwen卒業生で現役コンサルタント2名が講義及びプロジェクトのサポートを行います。毎年、対象企業や扱うテーマは異なるようですが、今年はある大手小売業が買収したカナダのチェーン店の米国進出に関して検討するプロジェクトが課せられました。

一番の醍醐味は役員の前での複数回のプレゼンテーションに尽きます。今回はFortune 1000に名を連ねる企業が対象でしたが、業界のプロフェッショナルである方々の前で解決策を提案した経験は大きな財産になりました。例えば、発表途中でも容赦なく質問が飛んできたり、役員同士のディスカッションに発展したりするなど、双方向なやり取りが印象的で私がこれまで持っていた一方向なプレゼンテーションのイメージが覆されました。また企業側が真摯にプロジェクトに取り組んでいただけたことも好印象でした。ある授業ではCFO(最高財務責任者)が来校され、プロジェクト評価モデルについて90分間講義・議論する機会がありました。他にも役員との個別インタビューや施設見学など色々と便宜を図っていただきました。一方で、年商数十億ドルの会社がこうして学生コンサルティングに時間を割いていただいている以上、こちらも下手な成果物を出せないというプレッシャーはありました。

また、コンサルティング実務のイロハを学べたことは未経験の私にとって収穫でした。MBAではビジネスで直面する”答えのない問題”に対してどう取り組んでいくかを学べますが、この授業ではそれが顕著に身につけることができます。精通していない業界の課題に対して短期間で結論を導き出すには、ある種のメソッドやフレームワークが必要となります。もちろん、それらは万能ではなく、トライ&エラーを繰り返すことも多いです、やみくもに取り組むよりは効果的だと思いました。本授業は講師陣の指導とプロジェクトへの活用を通じてプロジェクトマネジメントを習得できるように設計されており、例えコンサル業務に従事しなくても身についたスキルは様々な場面で応用できると感じています。

最後に本授業の特色として、受講人数が少ないことが挙げられます。例年15人前後とのことで、Owenのsmall school cultureが反映されているのを感じます。同じグループのメンバーはもちろん、他の生徒ともinteractiveな授業スタイルも手伝って密な関係を築くことができます。受講者が少ないのは、インターン明けの学生がHands-onな授業を敬遠しているから、と個人的に思っていますが、その分参加者は皆モチベーションが高く、授業に積極的です。また、今年は交換留学生や他学部出身者(今年は工学部)が受講するなど個性豊かなメンバーが揃い、日々刺激を受けました。

Owenのほとんどの授業はモジュールで区切られていますが、本授業はセメスターを通じて行われるため、コマ数は通常の2倍となっています(その分単位数も2倍になります)。現在のカリキュラムでは2年次の秋学期でしか受講できませんが、特に社費派遣の方は、アメリカのビジネスに触れる絶好の機会として検討いただければと思います。


■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

LDP Individual Approachについて

初めまして、Class of 2019のYです。

今回は当校のLeadership Development Program(以下、LDP)のIndividual Approachについて説明させて頂きます。LDPとは各々が目指すリーダー像を把握・実現するために、LDPのカウンセラーや専門コーチとともにMBAの学生全員が取り組むプログラムのことをいいます。最初にHogan Assessmentというツールを使って自己分析を行ったのち、その後IndividualかSharedのいずれかのアプローチを自身で選択し、各々が目指すリーダー像を深掘りしていくことになります。Sharedのアプローチについては2017年7月のブログにToshiさんからの記載があるので、そちらもあわせて参考にして頂ければと思います。

Individualを選んだ理由としては、実務において10人程度のメンバーを4年間率いた経験があり、自分のリーダーシップのスタイルを完全ではないものの持っていたことと、この部分は自分なりに改善する必要があるのではないか?という自分なりの問題意識を持っていたためです。リーダーシップのスタイルについては正解がなく、その人の性格・特性やバックグラウンドに大きく関わる部分であるとの認識があり、自分なりのリーダーシップスタイルを模索していた私にとっては、Individualのアプローチは非常に魅力的に感じました。

Individualのアプローチを選択すると同時に、今後いっしょにやっていくことになる専門コーチの希望を申請することができます。私の場合は、「私の今後取り組む業務領域について知見がある」、「新規事業の立ち上げ経験がある」、の2つを特に強く伝えました。その結果、私が希望を満たす専門コーチについてもらうことができました。専門コーチを仕事にしておられるというよりか、ある会社のCEOをされており実務経験が豊富な方です。

先日、専門コーチの方と初回のカウンセリングがありました。私なりのリーダーシップスタイルを説明し、Hogan Assessmentを参考に議論をしました。日本とアメリカでキャリアの考え方やマネジメントスタイルの違いがあること前提で、率直に意見を言って欲しいということをお伝えしています。初回の打ち合わせで、課題が見えてきたので、次回のカウンセリングに向け早速宿題が出ています。

LDPについては、入学するまで知らなかったのですが、少人数制のOwenならではの素晴らしいプログラムではないかと思っています。ぜひ有効活用していこうと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター