1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Ethics in Business
  4. 授業 » 
  5. Ethics in Business

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Ethics in Business

Class of 2009 Hです。

当校ではEthics関連科目がコア科目の1つとなりました。今回、私が受講中のEthics in Businessについて紹介します。Ethics(=倫理)は日本ではなじみの薄い概念ですが、米国では数年前に粉飾決算で破綻したEnronやWorldcom事件、最近では公的資金で救済する金融機関のトップが巨額のボーナスを貰っていたことの報道などを契機に、Business Ethicsが注目を集めています。

さてここで問題です。「親しい同僚が会社の物品を時々持ち帰ることに貴方は昨日気づきました。今日会社に到着したとき、上司が貴方を呼び出しました。上司いわく「会社の文房具等を誰かが持ち帰っているとの噂があるが、誰だか知っている?」さて貴方はどのように返事しますか。正直に言えば同僚は解雇されます。知らないといえば上司に嘘をつくことになります。

授業では百家争鳴状態。最初に口火を切ったのは弁護士のJ君。「真実を言うに決まっているだろ。その同僚が横領したんだって。」うーん。予想通り。でもこれで終わったら議論にならないよな。。と思った瞬間、いつも最前列に陣取っているB君が「友達を売る気か?宣誓もしていないのに、正直に答える義務ないだろ。横領とかいっても程度問題。文房具の持ち帰りなんて大した問題じゃない。」と猛反論。その後、自分にも喋らせろとばかりに他のクラスメイトから挙手があり、「上司の前では知らないといっておき、後で同僚を説得して自首させる」「正直にいう。横領したやつは自分でその責任をとるべき」「私が報告したことをその同僚が知ったら報復してくる恐れあり。だから会社のしかるべき部署にまかせる。」「その同僚との親しさにより対応を変える。」「質問のニュアンスから考えると、上司の真の意図は私の倫理観を試すことにある。正直に答えるべき。」等々。

この科目はファイナンス等と異なり確立した答えがありません。扱うテーマは個人の倫理観や価値観に深く関連するため、授業中は各人の本音が出やすく必然的に熱い議論が交錯します。アメリカ人の倫理観を生で実感できる科目として結構楽しんでます。

Comment

面白そうな授業ですね

私はEthicsの授業はまだとっていませんが、同級生の本音の意見が多く出てくる点、面白そうですね。実際働いてしまうと、こういう議論をする機会自体がとても限定的だと思いますし、異文化圏で育った同級生の倫理感(のようなもの)と自分のそれとを比べることもできて、学びの多い授業のように思われました。

  • HT [#D/TP1dT6] |
  • URL |
  • 2008 11/19 (Wed) 21:17
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/5-ade5b6af この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。