fc2ブログ

Impact Symposiumに参加してきました

Class of 2011のTEです。

Impact Symposiumとは、年に一度Vanderbilt Universityが主催するSpeakers Sessionで、その年のメインテーマを決め、それについての一連の講演やディスカッションが行われるものです。今年の大題目は、The Future of Capitalism。その中で、Business or the Consumer First?と題された会に参加してきました。この会のメインスピーカーは、Ralph NaderとJohn Stossel。日本ではあまりなじみが無い人達だと思いますが、前者は、著名なアクティビストで、交通や食、環境関係のキャンペーンを積極的にリードしてきた人で、大統領選に4回出馬した経験を持ちます。後者は、Owenのコア科目であるManagerial Economics(ミクロ経済)で使用された教材にも出て来る、著名なニュースキャスターで、自身の名を冠し、自由経済主義の立場から消費に関する様々なIssueを扱った番組を持っている人です。
初めにそれぞれ25分程で自説を語り、その後会場からの質問を受け付け、ディスカッションするという流れでした。Nader氏は、自身の経験から企業のMisbehaviorをどのように抑制していくか、規制をどのようにかけていくか、というのを幅広い項目について述べられました。一方で、Stossel氏はさすが名うての解説者らしくスライド等を巧みに利用しながら、聴衆の興味を引きつつ、貧困が一番社会にダメージであること(これを逆から捉えた表現として”Wealth is health”とも)、VolunteerとしてのBusiness(競争相手から富を奪うのでなく、新しい富を自ら作り出すことを意味しているようです)として、視野狭窄なゼロサムゲーム的視点から脱却することなどを論じていました。
ラストの質疑応答では、「最近可決された保険改正に関する法律は一般市民と企業どちらに利益があると思うか」「(企業の腐敗を中心に論じていたNader氏に向けて)政府の腐敗についてどう思うか」「巨額の政府赤字について」「現オバマ政権に成績をつけるとすると」など、なかなか示唆に富むものもあり、充実の1時間半でした。
IMG00006_convert_20100331142703.jpg
(携帯の写真なので少し見にくいですが、左の演壇がStossel氏、右がNader氏です。真中はモデレーター)
vandyowen
Posted byvandyowen

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply