FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 授業 » 
  3. Owenの半年を振り返って

Owenの半年を振り返って

Class of 2019のYです。本格的に授業が開始してから、半年少し経ちました。Mod 4の授業もあと1ヶ月ということで、あっという間に1年生が終わってしまうなあという印象です。MBA留学の目的は、キャリアチェンジ、ネットワーキング、転職、新しいことに挑戦するなど、人によって異なると思いますが、私自身受験時に考えていた留学の目的を頭の片隅におきながら過ごすようにしています。

留学生活の中でも、授業は充実度に影響すると思いますが、 私が1年次に受講した授業にはとても満足しています。Owenの1年次では、Mod2では選択1科目、Mod3では選択2科目、 Mod4では選択3科目を受講することが可能です。選択科目の検討の際に、2年生の皆さんに多くのアドバイスを頂いたのが、科目選択で失敗しなかった要因だと思っています。授業そのものについてはもちろんのこと、「事業会社で○○の仕事をする際にどの授業を取るべきか」のように、今までしたことがない仕事内容について、具体的な授業選択のアドバイスを頂くことができたのが、非常に有り難かったです。

私は、1年次はMarketingの科目を中心に受講しましたので、その内容を少し紹介したいと思います。Mod2では「Consumer Insights for Marketing Decision-Making」、Mod3では「Quantitative Analysis for Marketing」、そして、Mod4(現在)では「Marketing Analytics」を受講しました。この3教科でMarketing Research に 関わる内容を体系的に理解することができるようにカリキュラムが組まれており、連続で受講する学生も多いです。「Consumer Insights for Marketing Decision-Making」は定性的な市場調査、「Quantitative Analysis for Marketing」は定量的な市場調査、そして、「Marketing Analytics」はマーケティングのベースコンセプトであるSTP、4P 等を考える上で有益な様々なフレームワークを学びます。これらの授業の特徴は、理論習得はもちろんのこと、実際にチームでリサーチを行なったのち解析を行うということです。特に、定性的な市場調査や種々のフレームワークの適用に当たっては、ソフトウェアを駆使して解析していくことになります。解析はプログラミング(コードの作成)の要素が強く、解析時には統計の知識を使うことになります。正直言って、これらの授業の負荷はかなり重く大変なのですが、教授によるバックアップ体制も整っており、復習および毎週のグループおよび個人 アサインメントで、内容をしっかりと把握・理解することができると思います。また、これらの授業は非常に実践的であり、留学後の実務で容易に生かすことができるのではないかと感じています。

半年を振り返って、これ以外にも多くの授業を受講してきましたが、実務で触れたことがある内容や問題意識を持っていた内容であると、知識の吸収や理解が大きく異なってくると感じています。このようなことも頭に入れつつ、2年次も授業に取り組みたいと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/244-6dd63ce1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター