FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 課外活動 » 
  3. Owen + Vanderbilt大学で得られる経験機会について

Owen + Vanderbilt大学で得られる経験機会について

Owenに進学してから早くも半年が経ちましたが、残り1年と2ヵ月余りの留学生活を後悔の無い様にするべく、早くもタイムラインを逆算しながら学校生活を過ごしてる自分がいる様な気が致します。

Owenはスモールスクールである為に、学校でのイベント以外でも同級生と仲良くなってThanksgivingやChristmasといったイベントを各家庭に集まって開催したり、休暇期間を利用して一緒に旅行に行ったりする機会も多く、この半年間もあっという間に過ぎたと思います。また、そうした 時間を一緒に過ごすことで、後々に自分が困った時に助けてくれる人も多く持てるようになったと思います。

現在、私は ダラーゼネラルの創業者が Vanderbilt大学のGraduate school の生徒を対象にSocial impactに貢献することを目的に創設したTurner Family Center(TFC)と言う財団のFellowに選出された為、以前にも増して幅広い分野での活動が増えて参りました。Fellowは、TFCが毎年数名をVanderbilt大学内の全てのGraduate schoolの生徒を対象にして選出している為、TFCの関係者や前年のFellowとのNetworkingはもちろん、 TFCに対して自分自身がいかに 貢献できるかを多く示す必要があり、選考過程での学びは非常に大きかったと思います。Fellow任命後は、TFCの持つnetworkを使って研究機関を見つけることもできますが、私は自分自身のnetworkを更に広める為にもTFCの持つ既存の提携機関を選ばず、まずは自力でFellowship先を発掘しようと努めています。

こうした活動においてはどこの国においても「人脈」が重要であると改めて感じさせられており、 Vanderbilt大学の複数の教授、Law School、そしてOwenの同級生に助けてもらいながら様々な可能性を模索している状況です。ざっくばらんに言えば、「一度飲んだことがある」だけでもこちらの考えや目的を聞くと、想像以上にサポートをしてくれるアメリカ人同級生が多く、そうした友情や繋がりは将来に渡っての財産になるのではないかと思っています。また、先日のブログでもご紹介がありましたが教授陣との距離は近く、授業を取ったことがない教授がアプローチしたい研究機関への橋渡し役をしてくれたり、授業外でプロジェクトを個別に設定してくれたりと教室外でも学びの機会は 大変充実していると思います。実際に米大手予備校によるOwenの教授陣のランキングは高いのもうなずけます(https://poetsandquants.com/2017/11/01/the-new-fake-mba-ranking-from-the-princeton-review/3/)。

Fellowの他にも来年に向けては2点、決まっている事があります。1点目は、Teaching AssistantとしてBusiness Communicationのクラスを受け持つことです。International studentにとってビハインドがあると思われがちですが、International だけでなくアメリカ人に英語でのスピーチについて指導するということはなかなか得られない経験になると思い、今からワクワクしている状況です。また、このクラスのTAは担当教授の指導の下で半年間かけてトレーニング期間があり、基本的にアメリカ人で構成される他のTA達と切磋琢磨しながら更に一段階上に自分自身のPresentationスキルを高めることができます。

2点目としましては、MBA留学生活としてはありがちですが「OPA (Owen Partners Association)」のBoard memberとして活動をスタートさせる点です。OPAはまだ歴史が浅く今年度より公認Clubになる予定のClubですが、Board memberは生徒だけでなくそのPartnerもなれる点では他のClubと異なり、普段とは違った視点でアイデアを共有できる点でユニークな環境にあります。現在は 120名程度が在籍と規模も学内では大きいので、様々な局面に接しながら色々と学べればと思っています。

経験機会に関しては、最新のUS Newsで総合大学として全米で14位にVanderbilt大学はランクインしましたが、全米で何度も1位に輝いていたPeabody(教育学部)を始め、Medical, Law schoolとの生徒との交流機会も豊富にあり、最近ではトムソンロイターとVanderbilt大学のGraduate studentsで共同して南アフリカに新会社を設立する企画がスタートし、Owenからも参加者が出る予定です(実際に私も誘われました)。また、Law schoolとOwenの生徒で企業の立ち上げも行っており、私も現在活動に参加してMBAで学んでいることを実践している状況です。

MBA留学にあたっては、豊富な経験機会を得られる様にTop Business Schoolか或いは総合大学として高い評価を得ている大学を軸に考察していましたが、実際に進学して半年間を過ごした感想としては、想定以上に経験機会が豊富であると感じています。Owen或いはVanderbilt全体で何が達成できるのかについて、少しでもご興味がおありであれば遠慮なくご連絡頂ければ幸いです。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/243-ca68d08a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター