FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 二年目のMod II振り返り
  4. 学校生活 » 
  5. 二年目のMod II振り返り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

二年目のMod II振り返り

こんにちは。Class of 2018のSotaです。

早いもので、MBA生活も2年目の折り返しを迎えてしまいました。2年前の今頃は現在のアプリカントの皆さんと同じように、スコアメイクに四苦八苦しながらアプリケーション作りに追われていた日々を過ごしていたと記憶しています。今回のブログでは、2年目のMod II生活の概要を記載すると共に、Owenの特長と言われているSmall School / Collaborative Communityに関して、これまでのOwen生活を通じて個人的にその良さを感じた例を参考までにご紹介出来ればと思います。

まず初めにMod IIの概要について振り返ってみたいと思います。
1年目のMod IIは必修3科目と選択1科目といった授業プログラムだったのに対して、2年目は基本的に全て選択科目とすることができます。学習面に関して、個人的に2年目になって感じた大きな違いとしては、専門性を深めることに対する意識が大きくなったことです。1年目は必修科目や様々な分野の授業(HOP, Operation, Marketing等)を幅広く履修してきましたが、2年目は卒業後の自分のキャリアパスを考慮した結果、私はFinanceとStrategy分野の授業を中心に履修したいと考えるようになりました。後ほど記載しますが、授業選択に関してもSmall schoolであるOwenの特徴のおかげで、興味のある授業を計画的に履修出来ていると思っています。また、授業以外では、Mod 2の期間中には1週間のThanksgiving休暇があり、その他にもOwen全体のイベントとしてInternational Closing BellやHoliday Partyがある等、Owen内での交流を深める機会が沢山ありました。このような機会を通じてもOwenのSmall school / Collaborative communityの良さが最大限発揮されているものと思っています。

次に、個人的に感じているOwenの特長に関してもう少し具体的に説明していきます。
ビジネススクールでの授業履修の方法は学校によって異なりますが、多くの学校ではbidding システムが採用されている一方で、Owenでは履修登録が開始されたタイミングから単純に早いもの順という決め方となっています。人気のある授業は登録開始から短時間で埋まってしまう場合もありますが、逆に予め準備さえしていれば人気のある授業を幾つでも受講することが可能です(個人的にこれまで受講したい授業は全て取ることが出来ました)。どちらの方法が良いかは一概に言えませんが、Owenの履修登録方法はsmall schoolであるからこそ可能であると私は考えており、個人的にはとてもプラスに感じています。

また、Class of 2019の1年生が入学してまだ3ヶ月強ですが、ビジネススクール専用の校舎という環境や、上述した様々な学校イベント等を通じ、学年が異なっても大体の人の顔は認識出来る様になりました。これもOwenのSmall school、そしてCollaborative communityの良さが表れている点であると感じています。Vanderbilt大学のビジネス専攻の学部生などはOwenの授業を受講することが出来ないため、基本的に校舎にいることもありません(一部図書館等は共有)。周囲の人間全員がOwenの生徒であることを学生間で共通認識できることもCollaborativeなカルチャーを育んでいる一因であると考えています。

アプリカントの皆さんにおかれては、年末年始も含めてこれから極めて忙しい1、2ヶ月になるかと思いますが、お体に気をつけて是非頑張って下さい!我々在校生も可能な限り応援出来ればと思っていますので、Owenに関して興味をお持ちの方や、個別にご質問がある場合は、是非ご連絡を頂けたらと考えております。JBC公式HPトップ画面右上のメールボタンを押下頂ければJBCの連絡先が表示されます。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/237-c1ddd609 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。