FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Summer Internship
  4. 就職活動 » 
  5. Summer Internship

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Summer Internship

Class of 2018のMoriです。
今回は夏のインターンシップについての経験を共有させていただきます。

Owenを含め、2年制MBAは大体3ヶ月のSummer Breakがあります。日本人の社費留学の方を除き、この期間は卒業後の就職先を見据えたサマーインターンをする期間に充てられます。私費留学の私は、この期間を利用してインターンを行いましたので、インターンまでの流れと経験をお話させていただきます。

私は専門職であり、今までいわゆる“ビジネス”というものを経験したことがありませんでした。MBAの授業で学習していることが実際の社会でどのように活かされるのかということを経験してみたいと考え、コンサルティング業界でのインターンを希望しました。また、卒業後は帰国することを前提としていたため日本でのインターンを希望しました。(余談ですが、こちらでは政権交代後、アメリカ国籍を持たない学生のインターンを含めた就活はこちらでは厳しくなっているようです。)まずは11月に、ボストンで日本企業が海外留学中の日本人向けに行うキャリアフォーラムに参加し、興味のある会社にResumeを提出しインフォーマルな面談を行いました。その後、正式に各企業がサマーインターンの募集を開始しますので、規定に沿って申し込みを行い、面接のオファーを受け、Skypeを通じて、もしくは実際の米国支社で面接を受けました。この面接は数回に及び、毎回様々な課題が出されるため、それぞれに頭をフル回転させて言葉を選んで応えていくという工程はなかなかしびれましたが、同時に短時間でいかに論理的に物事を考え、人に伝えるかという練習にもなりました。その後、会社から正式にオファーを頂き、私は外資系戦略コンサルティング会社と対象業界を絞ったコンサルティング会社の2社で計2ヶ月のインターンを行いました。

MBAでの授業の中には会計や統計、ファイナンスといった数字を扱い、その状況に応じて即使える知識もある一方で、組織論や戦略論、リーダーシップ論などなかなか即効性のあるとはいえない学問もあると私は考えています。実際の社会で働くときには、前者の数字など答えがある経営学的知識も必要とされる一方で、決まった答えの無い事象や問題を解決するために、後者の経営学的知識が多くの引き出しを自分に与えてくれるのだということを、この夏のインターンを通じて気づくことが出来ました。ありきたりな言葉かもしれませんが、今まで経験したことのなかった世界に飛び込み、懸命に努力することで自分の成長とネットワークの広がりを感じることが出来、とても貴重な経験を得ることができたと思います。

現在は社費留学の方向けのプログラムを用意しているコンサルティング会社もあります。留学中の貴重な夏の期間をどのように過ごされるかは、卒業後に有意義なMBAだったと言えるかどうか、一つの要素となるかもしれません。
受験生の皆様はすでにお忙しいとは思いますが、さらにこれからが大変な時期かと思います。悔いの無いように受験を迎えられること祈っております。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/231-0ed6bdef この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。