FC2ブログ

International Closing Bell

皆さん、こんにちは。Class of 2018のTomoです。

Vanderbilt Universityが掲げているスローガンの一つに「Work Hard, Play Hard」がありますが、Owenもこの文化を持っています。現に事前に読む必要があるケースの頁数が多かったり、数日の猶予しか無い課題が出たりとスクールワークが大変なことも多々ありますが、その分皆が楽しめるイベントも多くあります。

その一つに、International Closing BellというOwenのイベントがあります。これはインターナショナル生たちが自分たちの国のブースを出店(主に食べ物)し、ステージでもパフォーマンスを行うお祭りです。

出店するか否かはあくまでも各々の自由ですが、ほぼ全員が何かしら関わって出展するところにOwenらしさを感じます。私たち日本人も当然出店し、また日本への関心も高かったためステージでのパフォーマンスにも申込みました。何をするかについては議論を重ねましたが、ブースはアメリカ人にも馴染みがあり比較的作りやすい焼きそばを提供することに決め、パフォーマンスに関してはいわゆる「ヲタ芸」をすることに決めました。アメリカではマニアという意味でOtakuという言葉を知っている人は多いものの、それが日本の代表的なサブカルチャー(ヲタク)であることは知られていなかったので、風貌含め楽しんでもらえるかなと思い、6人でネルシャツ・バンダナ・リュック・サイリウム等を用意し、某有名アイドルグループの曲に合わせて普段見せることのない私達の一面を披露しました。アメリカにはそもそも宴会芸という文化がないため、結果的に私たちのパフォーマンスに対して「一番良かった!!」というお声を多くのクラスメートおよび教授からも頂きました。また、焼きそばも約40玉をその場で調理し提供したため、ブースにも多くの方に集まってもらい、総じて日本への関心を更に高めることができたのではないかなと思います。

他国の食文化やステージ上でのダンス、独唱、演奏等のパフォーマンスを通して新しい文化に触れることができ、それをきっかけに仲を深めることができたため大変楽しめるイベントでした。また、最後はバンドを組んだクラスメートたちが演奏を繰り広げ、皆音楽に合わせて踊るというこれまたNashvilleらしく盛り上がりました。

International Closing Bellはあくまでも多数あるイベントの内の一つであり、他にも年間を通じて様々な企画が開催されています。なお、これらの企画は全て学生主導で企画・運営され、学校から承認を得て開催していることに関しては、これもSmall SchoolであるOwenらしさなのかなと感じています。来年は何をするかはClass of 2019の方々と討議できることを楽しみにしています!

■International Closing Bellの模様について
以下のJBC(Japan Business Club)公式HPのページからGoogleフォトにてご確認いただけます。
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/6_life3.html
vandyowen
Posted byvandyowen

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply