1. Top » 
  2. 日常生活 » 
  3. 運転免許証

運転免許証

Class of 2013のMMです。

渡米してから早くも数ヶ月経ちましたが、やっと免許証を取得しました。日本と同様、学科試験と路上試験があるのですが、日本に比べて断然簡単に感じられました。いずれも州内各地にあるDriver Test Centerで受験できます。

 ○学科試験の特徴
  ・択一式のコンピュータ試験(30問)。
  ・日本語でも受験可能。
   →ただし、翻訳が不完全な場合があるので注意。
  ・事前予約不要。

 ○路上試験の特徴
  ・自分で準備した車を使う。
   →私の場合、Zipcar(カーシェアリング業者)を利用しました。
   →ただし、路上試験への使用を禁止しているレンタカー業者もあるので注意。
  ・試験官の指示に従い、15分間くらい公道を運転する。
  ・事前予約必要。

学科試験の合格後、路上試験を受けます。ナッシュビルを含む主要都市の試験会場の予約は非常に取りづらいので、"学科試験合格を見越して早めに予約をしておく"もしくは"比較的空いている遠方の試験会場を予約する"のが良いと思います。私の場合、最寄の会場は2ヶ月先まで満席だったので、やむなく100km以上離れた会場で受験しました。左ハンドル、右側通行に最初は戸惑いましたが、すぐに慣れることができました。

なお、本人確認に必要な書類の不備で手間取るケースがよくあると聞きます。受験前には関連サイトを確認の上、しっかり準備をして臨みましょう。

運転免許証に関する情報および路上試験予約などはこちらから↓
http://www.tn.gov/safety/driverservices.shtml




ちなみに、運転免許証はアルコール購入時(注文時)に必要な年齢確認の為のIDとして通用します。これまではパスポートの携行が必要でしたので、今後は携行不要になり楽になりました。

路上試験終了後、たまたま近くにあったジャックダニエル蒸留所(国の歴史的建造物)に寄ってみました。ジャックダニエルはテネシー州に本社を置くウィスキーメーカーの代表銘柄です。写真は昨年ギネスブックに登録された世界一大きいジャックダニエルのボトルです。

   ***アメリカでも当然のことながら飲酒運転は厳禁です***
IMG_0985_convert_20120115062153.jpg
   ***アメリカでも当然のことながら飲酒運転は厳禁です***

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://vandyowen.blog86.fc2.com/tb.php/127-824d12e6 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター