1. Top » 
  2. 2015年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

MBAプログラムの印象

Class of 2015のTomoです。

Nashvilleは冬真っ只中です。東京の冬に似た感じなのですが、最低気温が異常に低い日があったり、コートもいらないほど暖かい日があったりと、寒暖の差が激しいのが少々難点です。

さて、Mod3も終了し、次のModでMBA生活も終了となります。今回はMBA生活を振り返って感じたことを書いてみたいと思います。

良かった点
英語でコミュニケーションをとることのハードルはかなり下がったと思います。私は留学前にまったく海外経験がなく英語が非常に苦手でしたが、最終的には慣れることができたと感じています。(それでも片言レベルですが。。。)
ビジネスに関する知識の習得についても、満足しています。極論を言ってしまうと日本で自主的にやってもできるのでしょうが、その時間を相当圧縮することができます。MBAはマネージャーとしての意思決定の方法を学ぶ場である、と個人的には考えているので、そのために必要な知識を短期間でカバーできたことは有意義でした。

想像と異なった点
グループワークが多すぎた点です。ファイナンス等のクラスでもグループワークがあることがほとんどです。これをどう感じるかは人それぞれだと思いますが、グループワークでは、自分の意見をグループの意見として押し通せるほどの英語力がない場合、自分の考えがbetterなのか何なのかをクラスメートに判断してもらうことはできても、専門家である教授に判断してもらうことはできません。また、自分のパート以外がおろそかになる傾向もあったように感じています。教授のマンパワー等制約条件もあるとは思うのですが、やはり高いお金を払っている以上、自分の意見の評価をすべてにおいて聞いてみたかったように感じます。

さて、アプリカントの方々もそろそろ進学先を決めることころだと思います。

在校生から話を聞いてみてもそれはあくまでも在校生の主観ですから、実際に入学してみるとご自身としては異なった印象や感想を持たれることもあるかもしれません。(その方が自然ですね)この認識の差を完全に埋めることは無理だと思いますが、もし「思っていたのと違った」となった場合でも、多様な評価軸(生活環境、ランキング、趣味等)があれば一定程度の納得感は得られるのではないでしょうか。
学校を選定される際は、納得感のポートフォリオ(MBAっぽいですね)を構築されるのも一案ではないかと思います。

Owenはまだアプリカントの方を受け付けております。興味をお持ちの方は是非出願をご検討ください。
スポンサーサイト

プロジェクト、コンサルティング関連の授業等について

Class of 2015のHisaです。
受験生の方から「実際の企業とのプロジェクト」についてご質問を受けることがありますので、私の経験談を少し書かせていただければと思います。

昨年のMod1とMod2の2学期を通じて「Strategy and Operations Consulting Project」という授業を履修しました。この授業は現役コンサルタント2名が講師となり、実際の企業にコンサルティングを行う授業です。昨年は乳製品を扱う食品企業が顧客となり、私のチームでは、各国の製品需要を分析した上で、製造拠点の稼働率も考慮して、最適な輸出戦略(どこから輸出し、どこで販売するか)を確立するという課題が与えられました。各チームが取り組む課題は、実際に企業がプロジェクトとして検討中のものです。実際のビジネスにつながる提案が求められますので、非常に負荷の高い授業でしたが、現役コンサルタントの考え方や顧客役員のディスカッションを間近に見ることができる非常に良い機会だったと思います。顧客役員の前での3回のプレゼンテーションは非常に緊張しましたが、今しかできない貴重な経験ができたと感じています。

また、通常の授業においてもローカル企業を題材としたファイナルプロジェクトを進めることが多くあります。私が今履修している人事系の授業では、ローカル企業の人事戦略(採用、育成、報酬体系など)を分析し、新たな提案を作成するファイナルプロジェクトが課されています。私のチームでは息子の通う幼稚園のDirectorに取材を行い、レポート・プレゼンテーションの準備を進めているところです。また、企業からプロジェクトがOwenに持ち込まれることも多くあります。Vanderbilt及びOwenの知名度・評判は米国で非常に高いですので、地元企業からの依頼がOwenに届くことも多くあります。

上記は以外にも様々なプロジェクトがあり、自ら手を挙げれば色々なことにチャレンジできる下地がOwenでは整っていますので、是非入学された後には色々な機会を活かしていただければと思います。

受験生の皆様は出願、インタビューと大変な時期かと思いますが、残り少し頑張ってください!

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。