1. Top » 
  2. 2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

海外留学生向けのコース(USBCC)について

Class of 2015のHisaです。

7月にナッシュビルに到着し、8月中旬から本格的に授業が始まり、Module1も既に約半分が経過したところです。気付けば8月が終わっていたという印象が強いですが、授業、課題、グループワークと慌ただしいながらも充実した時間を送れているからではないかと思っています。

今回はMBAのコースが始まる前の海外留学生向けのコース(USBCC)について説明したいと思います。USBCCはUS Business Communication and Cultureの略で、MBAの授業開始前のサマースクールのようなイメージです。

米国での学位を持たない海外留学生が対象で、今年は24人が参加しました。Internationalの学生が対象とはいえ、米国等への留学経験のある学生も多くいます。流暢に英語を話し、スラスラと英語を読み進める他の留学生を前にすると、もっと勉強しないといけないなと素直に感じました。。。

プログラムは3週間で、Reading、Speaking、Writingといった基礎的な英語力に加え、米国文化を理解するカリキュラムになっています。午前中にELC(English Language Center)の講師が授業を行い、午後はビジネススクール関連の様々なカリキュラム(IT関連セットアップ、就職活動関連、教授による授業シミュレーション、ボーリングやラインダンス等のアクティビティ)が用意されていました。

実際のグループワークやネイティブとのコミュニケーションを想定し、プレゼンテーションの機会が多く設けられているところが特徴ではないかと思います。チームを組み発表する機会が3回、個人での機会が2回あり、本学期に入る前にグループワークやプレゼンテーションの練習ができた点は非常にためになりました。国籍の違う者同士でのグループワークでは、考え方や時間への感覚の違いを感じることもありました。

USBCCのカリキュラム自体も良かったと感じますが、本学期が始まる前に多くの留学生の友人ができたことは非常にプラスだったとModeule1が始まって改めて感じています。

ちなみに、ボーリング大会では私が優勝しました!昨年、一昨年も先輩の日本人が優勝しているので、これで日本人3年連続優勝です!ぜひ4連覇、5連覇と続いていって欲しいです!
スポンサーサイト

夏を振り返って

Class of 2014のNoriです。

あっという間に夏休みも終わり、MBAの二年目がスタートしました。早いものでアメリカでの生活も残すところ9ヶ月。やり残すことがないよう、何事にも精一杯取り組んでいきたいと思う今日この頃です。

なお、今年はOwenには4名の日本人が入学しました!早速授業の予習やプレゼンの準備に追われているようですが、今後一年生からもブログの更新があると思いますので、そちらもぜひご覧ください。

さて、今回は夏休みを振り返って感じたことについて書きたいと思います。

私は夏に中国、そしてフランスの短期交換留学に参加しました。さまざまな貴重な経験をすることができましたが、その中でのよかったことの一つに、英語しか使えない環境にいたことで英語力が向上したことがあります。やはり、「会話することになれる」「英語を絶えず使う環境に身を置く」ということの大切さを感じました。また、日頃あまり触れることのなかった様々な国の人が話す英語(イタリア人が話す英語、フランス人が話す英語など)にも触れることができたこともよかったと感じています。

しかしそれと同時に、英語力を上げるためには、地道な努力が必要だということも改めて痛感しました。私自身も渡米前はそう考えていたのですが、渡米すれば時間がたてば英語ができる(どんな人の英語も聞ける、そして話せる)ようになると考えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?子供のころに英語圏での生活経験がある方、または高校生等若いうちに留学にいらっしゃる方を除き、残念ながらアメリカに住んでいてもそれ相応の勉強をしていかないと実力はあがりません。

当然、生活の中で「それなりには」できるようになっていきます。しかし、たとえば議論が白熱した時のトップスピードの英語であったり、バーでのプライベートの場の会話であったり等、??となってしまう経験はなかなかなくならないと思います。(この点は留学経験のある方は、そうそう!と同意いただけると思います。)そこで毎回感じるのは、音読・シャドウィングとTOEFLでの勉強時代にやっていたことに少しずつ取り組むことが大切だ、ということです。当然、渡米後はTOEFLのような”綺麗な”英語だけではなく、例えばアメリカのドラマなど様々な題材に取り組む必要があると思います。

とはいいながら、、授業が始まってしまうとなかなか時間が取れないことも事実です。今回の夏休みには多少なりとも取り組むことができ、よかったと感じています。

合格後、渡米前に何をやっておいたほうがよいかという質問を受けることがあります。上記の理由から、もし可能であるならば早く渡米をして、まず「生」の英語に早くふれたほうがよいと思います。そしてギャップを感じた後、TOEFL勉強時にやっていたことを地道にやるというのが授業を迎える上での準備の仕方の一つかもしれません。授業が始まるとやりたくてもなかなか時間がとれなくなります。。

残りの時間で、私も英語を少しでもブラッシュアップできたらと思っています。

読んでよかった本についても書こうと思っていましたが、長くなってしまいましたのでまたの機会にしたいと思います。

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。