1. Top » 
  2. 2013年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

夏季交換留学

Class of 2014のHiroです。

5月から始まった夏休みも早2か月がたちました。この間私はヴァンダービルト大学の提携校であるドイツのビジネススクール・EBS(European Business School)の短期プログラムに参加してきました。

プログラム期間中はフランクフルトから電車で約40分ほどのところにあるヴィースバーデンという街に滞在しました。ヘッセン州の州都であり、リースリングなど白ワイン産地にも近いため観光客も多く訪れます。この間はホテルに滞在していました。

ヴァンダービルト大学からは私を含め8名が参加(私以外は全員アメリカ人)。ヴァンダービルト大学以外ではピッツバーグ大学(米国)、カンザス州立大学(米国)、マコーリー・ビジネススクール(オーストラリア)などから参加し、合計で25名ほど。

授業の中ではEUの枠組みといった基本的な事項から、ドイツ小売業界の状況、ドイツ自動車業界の状況、ヨーロッパ文化とアメリカ文化の違いを理解するといった授業が開催されるほか、オプションでドイツ語基礎講座も受講することも可能です。

また、机上の学習のみではなく、欧州中央銀行やフランクフルト証券取引所の視察、自動車メーカー・アウディの工場見学、小売ストア・アルディの店舗見学なども組み込まれており、バライエティに富んだ内容ででした。

授業内容に関する2回の筆記試験およびマーケティング・シミュレーション・ゲームの成績に基づいてグレーディングが決まります。

プログラム自体大変有意義なものですが、アメリカ人クラスメートと朝から晩までほぼ一緒に行動する中で得られた人間関係も大きな収穫であったと思います。

ちなみにOwenではEBSのほか、WHU Otto Beisheim School of Management(ドイツ)、Peking University(中国)、ESSEC(フランス)、NHH(ノルウェイ)など多くの提携校を持ち、交換留学制度を設けております。
スポンサーサイト

便利なグッズ

Class of 2014のNoriです。

夏休みも早いもので半分が過ぎました。
私は社費派遣のため、学校から提供される夏の交換留学に参加する等、アメリカでの留学では味わえない体験をして充実した日々を過ごしています。交換留学についてはまた別途記載したいと思いますので、是非今後のブログおよびHPの体験記をご覧ください。

さて今回は、いままで、そしてこの夏を過ごしてみて日本から持ってきて良かったと思ったものについて書きたいと思います。それは、ずばり「電波受信腕時計」。また、時差補正も都市を選択するだけでできるというもの。

日本にいるといまいちそのよさや必要性(特に時差補正機能)を感じないものですが、海外で生活する際には効果抜群!ご存知の通り、アメリカはアメリカ国内でも時差があるで重宝します。また、私の時計はアメリカでも電波を受信してくれるタイプのものなので、時間が常に正確だというのは助かります。

この一年でなくてはならないものになりました。
DSCF6635watch.jpg

最後に、弊校が出展するイベントおよび説明会について宣伝です。

7月~8月にかけて下記のイベントを予定しております。来年の出願へ向けて、バンダービルト大学MBAについて理解を深めて頂ければ幸いです。
みなさまとお会いできることを楽しみにしております!

2013年7月15日(月・祝) アゴスジャパン主催 MBA夏祭り
2013年7月31日(水) 19:00~ イフ外語学院東京校にて vanderbilt大学の入学審査官による学校説明会
2013年8月1日 (木) 19:00~ アゴスジャパン(渋谷校)にて vanderbilt大学の入学審査官による学校説明会
※予約などの詳細については、各校HPをご覧ください。

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。