1. Top » 
  2. 2012年11月

プログラム紹介(Pre-USBCC・USBCC)

Class of 2014 のNoriです。

今週でサンクスギビングのお休みが終わり、module2ももう少しで終わろうとしています。Module2が終わると、MBA生活も約1/4が終了することになり、一日一日を大切に生活したいなと思う今日この頃です。

さて、今回はみなさんに学校のプログラムの紹介をしたいと思います。Vanderbilt大学にもMBAのコースが始まる前に2つの海外留学生向けプログラムがあります。ひとつが7月上旬から二週間開催されるPre-USBCC、もうひとつが7月下旬から二週間開催されるUSBCCと呼ばれるものです。どちらも他校のサマースクールに相当するものとなります。

まずはPre-USBCCについて。

私の年は、日本人2名の他、韓国人6名が参加しました。内容は自己紹介から始まり、リーディング教材の読み方、プレゼンテーションの練習などを行います。特にプレゼンの練習では、発表している風景がビデオで録画されており、後でインストラクターと共に見直すことで自分自身の英語力の課題発見にもつながりよい経験となりました。また、MBAプログラム開始前に同じアジアの中での友人ができたこともプラスでした。こちらは参加必須でない方もいらっしゃるかと思いますが、ナッシュビルでの生活に慣れるため、および生活のセットアップのためにも是非参加しておいたほうが良いかと思います。

次にUSBCC(US Business Communication and Culture)について。

こちらは、基本的に全ての海外留学生(ただし、アメリカでの学位保持者は除く)が参加するプログラムとなります。Preと同じような内容に加え、模擬授業、グループワークをした上での簡単なケースコンペティションを体験します。ただ内容は似ているものであっても、Pre-USBCCとのレベルの違いにびっくり。全員海外留学生ではありますが、他の国の人の中にはネイティブ並に話せる人が多く、自己紹介やプレゼンテーションをする上でも高度なスキルが要求されました。また、ケースコンペティションの発表では必ず各自が何かしらの発言をする必要があり、チームに迷惑をかけてはいけないと必死に発表の練習をしました。こちらもMBAプログラムに入る上での導入として、とても有効であったと思います。(ただし、この後のMBAオリエンテーションで、ネイティブの英語力にさらにびっくりすることになるのですが‥)

本プログラム中は、当然勉強だけでなく、ボーリング大会、ダウンタウンのバーに行ってラインダンスの練習等々、学校主催の社交イベントも開催されるため同級生とも仲良くなれます。ちなみに、ボーリング大会では今年も日本人の私が優勝しました!(昨年Gucciさんも優勝してます。過去の記事もあわせて参考にしてください。)来年も優勝すると三年連続日本人が優勝!ぜひ、来年入学するみなさんにもタイトルを獲得してもらいたいと思います。

今後も少しずつ、プログラムの紹介やナッシュビルでの生活について更新していきますのでどうぞお楽しみに!また、年末には一時帰国した在校生がVanderbilt大学の説明会を開催しますので、興味のある方は是非ご参加ください!

Go 'Dores!!

Class of 2014 のHiroです。

11月17日(土)に大学フットボールの試合を見てきました。

これまでアメフトにさほど関心がなかった私ですが、MBA生活をきっかけにアメフトの面白さを知り、大学のスタジアムやスポーツチャンネルでアメフトを見るようになりました。

また、テールゲイト(Tailgate)と呼ばれる試合前の「飲み会」の習慣もこちらで初めて知り、アメリカの文化に触れる良い機会にもなっています。

さて、ヴァンダービルト大学が所属するSouth Eastern Conference(略称SEC)はアラバマ大学、ジョージア大学、フロリダ大学、ルイジアナ州立大学など全米でも名を轟かす強豪がひしめくリーグなのですが、今季のヴァンダービルトは善戦しており、1982年以来の勝利数を記録しています。

今回は地元テネシー州のライバル校テネシー大学との試合とあって、多くのテネシー大学ファンが応援に駆け付けているようで、ヴァンダービルトのホームゲームではありますが、テネシー大学のチームカラーであるオレンジの服を着た人が目立ちました。

ちなみにヴァンダービルト大学のチームカラーは黒で、試合の日はみんな黒い服を着て応援します。

試合はというと、序盤は互いに拮抗していましたが、中盤のインターセプトをきっかけにヴァンダービルトに流れが傾き、最終的には41対18という大差でヴァンダービルトが勝利しました。

タッチダウンのたびに会場は歓喜に包まれ、「VU(ヴィー・ユー)」コールが響き渡るのでした。

日産スマーナ工場見学ツアー

Class of 2014 のHiroです。

11月9日(金)に恒例の日産スマーナ(Smyrna)工場見学を実施しました。

Japan Business ClubおよびOperations Clubの共催によるイベントで、総勢21名が参加しました。

日産の工場があるスマーナはナッシュビルから車で30分ほどのところにあります。

工場は約48万平米で東京ドーム約10個分という広さのため、専用のカートに乗りながら、プレスや組立などのプロセスを見て回りました。

私自身もナッシュビルでは日産車に乗っているため、日産車の生産工程を見ることができて非常に面白かったです。

現在受講しているOperations Managementという授業は生産ラインの効率的な設計について考える内容のため、実際の工程を見学していると、一つ一つの工程に設計の知恵が詰め込まれているのだな~と考えさせられます。

ツアーに参加したクラスメートからも大変好評でした。

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター