1. Top » 
  2. 学校生活

Sushi Making Night

こんにちは、Class of 2018のSotaです。
今回のブログでは、先日JBCが開催したイベント”Sushi Making Night”に関して共有させて頂きます。

Sushi Making Nightとは、今年初めて試みたイベントとなりまして、Owen Culinary Society(料理クラブ)との共同で開催しました。本イベントの目的は、Owenの学生に対して、「食」を通じて日本の文化について知ってもらうことです。そして、折角なので参加した人達にも一緒に料理を作る経験をしてもらいたく、料理は「手巻き寿司」にしました。

準備段階は主に日本人メンバーとその家族が協力して、寿司ネタやご飯等の準備を行いました。何十人分もの量を準備する必要があったことや、衛生面や好み等にも十分注意をしなければいけないことから、準備段階ではそれなりの負荷はありましたが、参加者に対してJBCのイベントはまた参加したいと思ってもらえる様に全員で力を合わせて頑張りました。

結果として、当日は合計で45名もの方々に参加頂き、準備していた具材も全て無くなり、イベントとしては大成功だったと思っています。また、参加者からの反応としましても、凄く美味しかった、初めてスシを作って楽しかった等のフィードバックを頂き、来年も継続してやりたいと思えるイベントとなりました。

3月の中旬にはJBCにとって最大のイベントであるJapan Weekを予定しており、今はそれに向けての準備を進めているところです。これらの活動からも分かる通り、JBCは日本人のためだけではなく、Owen全体にとって必要とされるクラブであるため、引き続き様々な活動を行なっていく所存です。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

International Closing Bell

皆さん、こんにちは。Class of 2018のTomoです。

Vanderbilt Universityが掲げているスローガンの一つに「Work Hard, Play Hard」がありますが、Owenもこの文化を持っています。現に事前に読む必要があるケースの頁数が多かったり、数日の猶予しか無い課題が出たりとスクールワークが大変なことも多々ありますが、その分皆が楽しめるイベントも多くあります。

その一つに、International Closing BellというOwenのイベントがあります。これはインターナショナル生たちが自分たちの国のブースを出店(主に食べ物)し、ステージでもパフォーマンスを行うお祭りです。

出店するか否かはあくまでも各々の自由ですが、ほぼ全員が何かしら関わって出展するところにOwenらしさを感じます。私たち日本人も当然出店し、また日本への関心も高かったためステージでのパフォーマンスにも申込みました。何をするかについては議論を重ねましたが、ブースはアメリカ人にも馴染みがあり比較的作りやすい焼きそばを提供することに決め、パフォーマンスに関してはいわゆる「ヲタ芸」をすることに決めました。アメリカではマニアという意味でOtakuという言葉を知っている人は多いものの、それが日本の代表的なサブカルチャー(ヲタク)であることは知られていなかったので、風貌含め楽しんでもらえるかなと思い、6人でネルシャツ・バンダナ・リュック・サイリウム等を用意し、某有名アイドルグループの曲に合わせて普段見せることのない私達の一面を披露しました。アメリカにはそもそも宴会芸という文化がないため、結果的に私たちのパフォーマンスに対して「一番良かった!!」というお声を多くのクラスメートおよび教授からも頂きました。また、焼きそばも約40玉をその場で調理し提供したため、ブースにも多くの方に集まってもらい、総じて日本への関心を更に高めることができたのではないかなと思います。

他国の食文化やステージ上でのダンス、独唱、演奏等のパフォーマンスを通して新しい文化に触れることができ、それをきっかけに仲を深めることができたため大変楽しめるイベントでした。また、最後はバンドを組んだクラスメートたちが演奏を繰り広げ、皆音楽に合わせて踊るというこれまたNashvilleらしく盛り上がりました。

International Closing Bellはあくまでも多数あるイベントの内の一つであり、他にも年間を通じて様々な企画が開催されています。なお、これらの企画は全て学生主導で企画・運営され、学校から承認を得て開催していることに関しては、これもSmall SchoolであるOwenらしさなのかなと感じています。来年は何をするかはClass of 2019の方々と討議できることを楽しみにしています!

■International Closing Bellの模様について
以下のJBC(Japan Business Club)公式HPのページからGoogleフォトにてご確認いただけます。
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/6_life3.html

Case Competition

こんにちは、Class of 2018のSotaです。
今回のブログでは、ビジネススクールに来るとよく耳にするCase Competition(ケースコンペ)に関してご紹介致します。

ケースコンペの定義は地域や学校によって異なるかもしれませんが、Owenで行われているケースコンペは大きく分けて2つあります。一つは Owenの学生のみで行われるもの、そしてもう一方は学校を跨いで行われているものです。後者の方はスポンサー企業も複数参加したりなど、賞金の規模も大きい場合が多いですが、今回、私がご紹介するのはOwenの中だけで行われているケースコンペになります。

Owenの中で行われているケースコンペにも、基本的には企業がスポンサー(1社~複数社)しており、大体の場合、スポンサー企業に属する業界のテーマとなります(例:金融業界:コーポレートファイナンス、コンサル業界:ストラテジー)。ケースコンペ自体は凡そ月に1~2回程度の頻度で開催されており、上述の通りそれぞれテーマやルールが異なります。また、ケースコンペは主としてリクルート活動の一環という色合いも強く、参加している学生もスポンサー企業に対するアピールの場としている印象があります。

私自身は社費留学ですが、周りの友人が話をしているケースコンペがどんなものか知りたく、インド人の友人数人とチームを組んで参加してみました。私が参加したケースコンペのテーマはコーポレートファイナンスの分野で、お題は「大手飲料メーカーXXのCFOの立場で、株主に対して、自社が競合他社と異なる点と今後の成長戦略について説明せよ」というものでした。準備時間はテーマ発表から72時間で、 審査員はスポンサー企業の社員が務めていました 。私はチームの中で唯一の金融業務経験者ということもあり、主に財務分析と、競合他社分析を担当しました。72時間という制限時間は一見多く思えますが、その分より深度の深い分析を行う必要があることや、普通の授業やグループワークもある中でケースコンペの準備をするには睡眠時間を削るしかなく、本当に大変な72時間でした。

そして、努力の甲斐あってか、幸運なことに初めて出たケースコンペで優勝することが出来ました。個人的にケースコンペに参加して一番よかったと感じたことは、 優勝したことよりも、コンペを通して同級生と真剣に議論を交わしてチームの意見を纏め上げ、それを外部の専門家に対してプレゼンするという一連のプロセスを経験出来たことだと思っています。以前の仕事でも何かしら同様の業務を行なっていましたが、あくまで全体のプロセスの中の一部分でした。ケースコンペの様に少人数の場合、全ての工程に関わって責任を持つ必要があります。この作業を価値観が異なる人達を相手に英語で行ったことで、自分自身も成長出来たと思います。また、この様な経験は、失敗を恐れる必要のないビジネススクールであればこそ可能となる貴重な経験だと考えます。

なお、当ブログも引き続きupdateしていきますが、個別にご質問がある方は是非ご連絡ください。JBC公式HPトップ画面右上のメールボタンを押下頂ければJBCの連絡先が表示されます。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

■ただいまDiscover Weekendへの参加申込み受付中です!
Owen公式HP "On-Campus Events"
http://www.owen.vanderbilt.edu/admissions/mba-admissions/admissions-events-and-visits/on-campus-events.cfm
Discover Weekendとは?
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/discoverweekend.html

USBCC(U.S. Business Comunication and Culture)について

初めまして。Class of 2018のMoriと申します。

7月初めに渡米し、7月8日から始まったUSBCCという留学生向けのプログラムの真最中です。このプログラムは単に語学学校の役割を超え、アメリカの文化や歴史、基礎的なビジネスの知識を学びながらケーススタディー、プレゼンテーション、コミュニケーションスキルを学んでいく役割を持っていると思います。早速英語の壁に苦労していますが、この新鮮な毎日を楽しみながら、2年間の時間とお金の投資を最大限に活用できるよう努力を続けていくのみです。USBCCに関しては、文末記載のOwenの公式HPにて写真付で紹介していますので、そちらをご参考にしていただくとして、今回はClass of 2018の6名に関してお話しさせていただきます。

まずは、みなそれぞれ特徴があり、また、バックグラウンドも多種多様であるものの、総じていい人が集まっていると感じています。Owenの選考基準でどこまで人柄を見ているか、また日本人の性格を判断できるのか、はわかりかねますが、スモールスクールで協調性を重視する学校として、その名に恥じない日本人6名が集まっていると思います。すでに協力し合っていますが、かと言って休み時間やランチタイム、週末を含めて日本人で固まって行動しているわけではなく、また、校内では一切の日本語使用を禁止として、せっかくの海外MBAでの2年間を無駄にせぬように心がけています。

現在二年生に日本人がいないこともあり、苦労することもありますが、何とかOwen内での日本人のプレゼンスを高め、活躍できるよう切磋琢磨していこうとそれぞれが努力しています。Owenへ興味を持たれた方、また出願を検討されている方がいましたら躊躇なく在校生にご連絡ください。様々なバックグラウンドの方のお話にも対応できるのではないかと思います。
これからも当ブログ、JBCホームページなどを通して少しでも雰囲気を共有させていただければ幸いです。

※以下のOwen公式HPにてUSBCC等について写真付で紹介しています。是非ご覧ください。
「USBCC(サマープログラム)、およびNashvilleのコミュニティについて 」
https://wp0.its.vanderbilt.edu/international/usbcc%ef%bc%88%e3%82%b5%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%ef%bc%89%e3%80%81%e3%81%8a%e3%82%88%e3%81%b3nashville%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86/

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター