1. Top » 
  2. MBA受験

【大阪】9月25日 「アゴス・ジャパン MBA秋祭り」のご案内

こんにちは。Class of 2018のTomoです。

来週9月25日(日)に大阪で開催される「アゴス・ジャパン MBA秋祭り」に当校のブースを出展することが決まりました!

当日、卒業生が数名参加しますので、何でもお気軽にご質問いただければと思います。

Owenへの進学を決めた理由、実際の学校の雰囲気や文化、卒業後のキャリア、当時の生活環境等、皆様にとって当校の情報を直接ご確認いただけるご機会かつ、私たちにとっても皆様と出会える貴重な機会でもあるので是非お立ち寄りください!!

※「アゴス・ジャパン MBA秋祭り」の詳細
㈱アゴス・ジャパン
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/?op=view&id=4767

学校紹介オフィシャルイベントDiscover Weekend

受験生の皆様、本当に大変な時期を過ごされていると思いますが、半年後にはきっと目標とされる全く新しい生活が待っていると思いますので、あと一踏張りと思って悔いの無いように頑張ってください。
Class of 2015 のYasuです。
Owen主催のDiscover Weekendについて告知させてください。このイベントは2月6日7日に出願者ならびに出願予定者を対象に、Owenにて学校紹介、模擬授業、希望される方にはインタビューなどを行うものです。文字や写真だけでは伝わりきらないOwenやNashvilleの魅力を感じて頂くには非常にいい機会だと思います。同級生となるアメリカ人のアプリカントもたくさん来るので入学後のイメージを感じるにはいいイベントであるだけでなく、アドミッションのスタッフともインタビュー以外で話をするチャンスが懇親会中などでかなりあります。私が二年前に参加したときには、インタビューで伝え切れなかったことをインタビュアーやそれ以外のアドミッションスタッフにパーティーの場などでかなりアピールしました。また、このイベントにお越し頂いて、後日、東京やスカイプでインタビューなどに臨んで頂くのも一つの方策だと思います。
遠方より、またご多忙の折とは思いますが、一度ご検討頂ければ幸いです。またお越しいただける際には、スケジューリングなどのお手伝いをさせて頂きたいので、事前にJapan Business Club( japanese@owen.vanderbilt.edu )までご一報頂ければありがたいです。よろしくお願いいたします。
下記Discover Weekendオフィシャルページへのリンクです
http://www.owen.vanderbilt.edu/newsroom/calendars/events-calendar/event-details.cfm?customel_datapageid_39542=75442

告知です。8月30日、Owen入学審査官がMBA Tour Tokyoに参加します

Class of 2013 Gucciです。

下記のとおり、8月30日(木)16時から、新宿のヒルトンホテルで開催されるMBAイベントにAssociate Director of Owen Admissions OfficeのMaura Clarkが参加します。
これからOwenへ出願を検討されている方はアドミッションズと直接知り合う貴重なチャンスになると思います。
また、「Owenという学校について少し話を聞いてみようかな」という方もこの機会にぜひ足を運ばれていはいかがでしょうか?

MBA Tour Tokyo
日時:8月30日(木)16:00-22:00
会場:Hilton Tokyo

6-2, Nishi-Shinjuku 6-chome

Shinjuku-ku

Tokyo, Japan
参加費:無料
イベントURL: http://www.thembatour.com/events/tokyo.shtml

出発前にオフィスに呼ばれまして、Owenのどういった点が日本のアプリカントの皆さんの興味につながるか意見交換をしてきました。
イベント中に学校プレゼンの時間が設定されているようですので、彼女のOwenとNashivilleについての説明は出願校選びの一助になれば嬉しいです。(とても美人さんであることも添えておきます←本文とは関係ありません)

私からは彼女に一般的に日本のアプリカントは英語での会話にそんなに慣れていないことが多く、口数が少ないかもしれないが、それ自体は内気な性格の現れではないので気にしないで欲しいと伝えております。

きっと多くの人にとっては初めてアドミッションと直接話す場面と思います。彼女は非常にフレンドリーですし、留学生にはゆっくり話してくれますので、ぜひOwenのプレゼン、ブースなどで直接コミュニケーションいただければ幸いです。

一点だけ、彼女が「丁寧なお辞儀の仕方」を尋ねてきたのですが、「アメリカンスタイルでOKですよ」と答えております。嬉しかったのですが、その方がとても自然な英語での会話に繋がるかと思ったので。

なお、当日は日本人卒業生も3名参加と聞いております。詳しいクラスの内容や街での生活については彼等がしっかりと説明してくれるはずです。

Owenアドミッションスタッフとの会話より

Class of 2013 Gucciです。

年末は日本ですごし、都内の予備校でOwenの学校説明会でお話させていただきました。

Owenについては次の3点を中心にご説明させていただきました。

1.1学年160人前後とクラスメート、教授含め、学校関係者との緊密さ
2.1年時秋から選択できる充実したelective(ヘルスケアMBAを含む)
3.ご家族連れでも住みやすい環境
その他. 奨学金制度について

セッションの最後にはアドミッションから直接聞いた生の声(レジュメ、エッセイ、奨学金、GMAT&TOEFLのスコアの考え方など)を参加者の方々にお伝えする時間をつくってみました。
こちらは現在、Owen Japan Business Clubにも内容を掲載しておりますので、当日ご参加できなかった方はこちらをご覧いただければと思います。
セッション後、アプリカントの方々と直接お話する機会があり、皆さんGMATとTOEFLのスコアが気になる印象でした。

ナッシュビルに戻り、アドミッションスタッフと会話の機会がありましたので、OwenサイトのアドミッションFAQにも掲載されている「テストスコアが揃わなかったとしたら出願は伸ばすべきか?」という質問を彼女にしたところ、「スコアも含めたアプリケーションは誰一人として、全く同じ構成はありえないこと、GMATスコアが入学者の80%レンジ(640-720)に入っていたとしてもこれは合格を保証するものではないわ。私たちが総合的な評価を始めるのには、まず出願してもらわないとそのチャンスがないの」ということでした。

企業派遣の方、キャリアチェンジの為に私費で留学される方、これまでの学校や仕事の経験など、一人ひとり背景も形成された歴史も異なります。彼女は個々の可能性を知ることと学校にマッチするかを考えることがアドミッションの仕事の醍醐味だと目をキラキラさせながら私に話してくれました。(彼女の瞳が大きいからかも知れませんが。。。)

これから出願を控えていらっしゃる方、ビジットをご予定している方、準備でご不明な点やご質問がございましたら、Japan Business Clubまでご連絡いただければ幸いです。

Japan Business Clubメールアドレス:japanese☆owen.vanderbilt.edu
(スパムメール防止のため、お手数ですが、☆を@に変更の上、ご連絡いただくようお願い申し上げます。)

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター