1. Top » 
  2. 課外活動

交換留学制度について

こんにちは。Class of 2018のYoshiです。

今回はOwenの交換留学制度についてご紹介します。Owenは世界各国のビジネススクールと提携関係にあり、それらの学校と交換留学制度を持っています(Owenの卒業単位にカウントできます)。交換留学には様々な形態があり、2年次の一定期間(秋学期もしくは春学期)を使って行われるもの(いわゆるExchange Programs)もあれば、MBAの1年目と2年目の間(つまり夏休み期間中)の2-3週間を使って行われるMaymester study abroad programというものもあります。私は昨年6月にMaymester programの一環で、ノルウェーのベルゲン市にあるNHH(Norwegian School of Economics)にてNatural Resource Managementというショートコースを受講してきました(Owenでは2単位にカウントされます)。

参加者は私のような提携校の生徒、および現NHHの生徒に限定されていましたが、世界各国から人々が集い、普段のOwenでの生活とはまた違ったコミュニティを作るのに有意義でした。日本人の参加者も私以外に数名いましたが、アメリカやカナダ、オーストラリア、そして意外なところでは東欧圏からの参加が多かったように思います。

プログラムは、日中は講義中心で(朝9時から夕方4時まで)、ノルウェー独自の化石燃料のマネジメント方法やヨーロッパ電力市場の現状と課題、環境問題、水産物を中心とした再生可能資源のマネジメントなど、Owenの授業では聞けない話題が目白押しでした。教授陣は基本的にノルウェー人ですが、授業は全て英語で行われますのでご安心を(年輩の教授であればあるほど、強いノルウェー語訛りがあるので、その点は覚悟が必要ですが)。また、企業訪問も2回組み込まれ、ノルウェーの誇る水産業および石油・天然ガスビジネスの第一線にいる方々から話を聞くこともできました。

一方、授業の終わった後は、TA(Teaching Assistants)主導でハイキングやバーベキューなどのイベントが数多く催されました。2週間のプログラム期間のうち、ほぼ半分(もしくはそれ以上?)は何らかのイベントがあった気がします。6月のノルウェーは日没が夜12時過ぎぐらいで日照時間が非常に長いので、授業が終わった後からでもハイキングに行けますし、クラスメートの中には11時過ぎからダウンタウンに繰り出していく人達もいました(店も夜遅くまでやっています)。TAによれば、ベルゲンのナイトライフはこのプログラムの醍醐味だとのこと。私は出席者の中で比較的年配の方だったので、あまり夜遅くまでは付き合いきれませんでしたが、体力のある方であればベルゲンの夜は楽しいこと間違いなしでしょう。

一方で、問題なのが物価の高さです。ノルウェーは国別幸福度ランキング2017で首位に選ばれるほどその豊かな福祉政策で有名で、教育と医療が無料なのですが、その代わり高率な税金が課されているため、物価が非常に高く、旅行者の財布には厳しい国となっています。コンビニの一番小さいホットドッグで800円、マクドナルドのセットで2,000円、普通にディナーとなれば4,000円ぐらいの出費は覚悟する必要がありました。ビールも一杯1,000円はするので、飲みに行くのもなかなか勇気が要ります(苦笑)。私の場合は、クラスメートと自炊クラブを作り(といっても、私はほとんど洗い物担当でしたが、、、)、近くのスーパーで買ってきた食材を寮で調理することで生活コストを抑えました。このあたりは個人の工夫が必要となる部分かもしれません。

製鉄会社で原料調達に従事してきた私にとって、プログラムの内容自体、非常に関心のある分野だったことが参加の主な理由でしたが、そうでなくとも楽しめるプログラムだったように思います。日頃馴染みのない北欧の地で過ごした日々を通じて、アメリカでは得られないであろう様々な気付きを得ることが出来ました。また、ノルウェーはフィヨルドを数多く抱えるとても風光明媚な場所でもあるので、機会があれば是非、交換留学制度を活用されることをおススメします。

※なお、交換留学先はノルウェー以外にもたくさんあります。南米(ブラジル、メキシコ、チリなど)、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イタリア、オーストリアなど)、アジア(中国、シンガポール、香港など)、オーストラリア、等々。提携校は世界各地にありますので、是非ご自分のニーズに合った場所やプログラムを探してみてください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Owenでチャレンジできること

初めまして、Class of 2019のAKです。

本日は、Owenではクラスやクラブ活動以外でも得られる魅力的な経験機会についてご紹介させて頂ければと思います。

Campus Visit Coordinator
OwenではAdmission teamと共にCampus visitorの受け入れ・スケジューリング等を学生側が運営しており、通称CVCと呼ばれるコーディネーターが1年生(3名)と2年生(2名)合わせて5名在籍しています。今年は、1年生の中でおよそ半分にあたる70名が3名の枠に応募する非常に高い競争率となりました。私も応募し、エッセイの提出と2年生2名とAdmission3名と面接させて頂きましたが、残念ながら選ばれることはできませんでした。ただ、これをきっかけに2年生とも交流する機会を得られたこと、面接やエッセイも良い経験を積むことができたと思っています 。

Distinguish Speakers Series
OwenではDean’s officeが年間約6名の有名企業の現役CEOを招致しSpeaker seriesを開催していますが、CEOの受け入れ、ロジ周りのアロケーション、また当日のランチ接待等は学生主体で執り行っており、例年この運営にあたってboard memberを募集しています。特に、Deanと共にランチ接待する機会はCEOと直接コミュニケーションを取れる貴重な経験機会となる為、こちらも多数の学生が応募していました。CVCとは異なりエッセイ提出が1次選考、面接実施が2次選考となります。私は2次選考までは進めたもののポジション獲得には至らず、いかに他の優秀なアプリカントとの競合に打ち勝つべきか考えさせられる良い機会となりました。

Warren Buffet Tour
オマハの賢人として有名なウォーレン・バフェットと一緒に食事をしながら、バフェット哲学を学べる非常に稀有な機会がOwenでは得ることができます。今年は、当校だけの枠として20席も与えられたこともあり、人気のTourとなっていました。選考ではエッセイの提出、そこからエッセイの若干の審査があるもののランダムで20名選出されるプロセスで、こちらも縁は頂けませんでしたが、金融のバックグランドのある人間にとっては非常に興奮させられる機会となりました。

Project Pyramid
GlobalにSocial Impactを与えようということについて、Mod一つを丸々使った講義と休暇期間中には自分達のチームで作り上げたプロジェクトを完成させるべく実際に現地に足を踏み入れ深遠的に学習する機会が得られます。特に、Owenは後述させて頂きますがTurner Family Centerを通じて南米との関係が深く、日本からは中々アクセスするの難しい南米地域の社会に貢献できる点で大変魅力的な環境にあります。また、このクラスでは、OwenだけでなくVanderbilt全体から学生が集まり一緒になってプロジェクトに取り組む為、Vanderbilt全体で交流の輪を広げることができます。年々人気の高まっている状況ですが、選考プロセスではエッセイの提出と面接があり、 今年は枠の2倍以上の応募があり従来は全員が受けられた面接も今年からは2次選考扱いとなりました。

Fellowship from Turner Family Center
Owenにはダラーゼネラル創業者の財団が設立したTurner Family Center(TFC)があり、Social Impactに関心のある学生とTFCのメンバーが協働して様々なイベントを企画しています。このTFCは毎年学生の中からfellowを選出して、夏季休暇期間中に各企業や財団、国際機関にInternshipとは別にfellowとして派遣してSocial Impactの拡大への貢献できる機会も提供しています。私は目下選考過程の途中にありますが、選考委員会は教授・学生・TFCのスタッフによって構成されている為、アプリケーションを強化する上でも必然的に2nd yearの学生やTFCのスタッフとの交流機会が増え、自分一人では思いつかないアイデアや思考回路を学ぶ機会が豊富にあり、TFCとの活動を通じて刺激的な毎日を過ごさせて頂いています。

ISSS (International Student & Scholar Services)
ISSSはVanderbilt大学全体に在籍するInternational StudentのVisa手続きをはじめとした生活に関わる事、或いは各スクールの垣根を超えた活動をサポートしており、ISSSに関わる事によってOwen以外でも交流関係を深める事ができます。特に、Vanderbilt大学はMedical School, Law School, Educational Schoolにおいては全米でもトップクラスに常にランクインしている為、ビジネススクール以外で優秀な生徒と交流を持つには最適な場所ではないかと思います。ISSSも勤務するスタッフと学生によって運営されており、私も現在ISSSの委員として活動していますが、イベントの企画や運営においてOwen以外の学生と協働する機会が豊富にあり貴重な経験機会を得られていると感じています。

以上の様に、MBA留学を通じて学習機会やOwen内の交流だけでなく様々な経験機会があるのもOwenの魅力の一つだと思いますので、是非御参照戴ければと思います。また、何かより具体的な質問等がありましたら、遠慮なくご連絡戴ければ幸いです。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

ELCプログラムについて

こんにちは。Class of 2018のYoshiです。

8月中旬に始まったMod Iも早6週目が終了しました。我々1年生にとってMod Iは全員がコア・カリキュラムを受講するシステムになっています。そのため、同じ時間割のクラスメートとの交流も深まりつつあり、毎週行われる小テストと課題に追われる毎日でありながらも充実した生活を送っています。

Mod Iの授業の詳細については追ってご報告するとしまして、私はOwenのカリキュラムに加えて、Owen外でもVanderbiltに付属するELC(English Language Center)の授業を受講していますので、今日はそちらについて少しご紹介したいと思います。

(ELCについては右記URLご参照ください。http://www.vanderbilt.edu/elc/)

我々Owenの生徒は、ELCの授業を1セメスターに1コース、無料で受講することができます。私は英語を扱うことにコンプレックスがありますので、Speakingのセッションを受講することにしました。(なお、ELCではSpeakingの他にWritingのセッションを設けています)。

SessionはOwenの生徒のみならず、他のVanderbiltの大学院(経済、エンジニアリング、教育、etc)の生徒も受講しており、彼らと交流を深める良い機会でもあります。Owenの通常授業とは異なりInternational Studentsだけの環境で学ぶので、普段の授業では発言を躊躇してしまいがちな私でも気軽に参加でき、自分自身の英語能力の向上に非常に役立っていると感じています。講師の指摘も非常に的確であり、細かなことよりもより大局的なポイントをついてくれるので、このクラスを受講してよかったと早くも思い始めています。当校の持つ豊富な学習リソースの一つとして、ELCは非常におススメです。

Japan Business Club 主催Bridgestone 工場Tour

皆様こんにちは。Class of 2016のYasuyoです。早いものでMod2が終了し、私達2年生は春学期(Mod3, Mod4)を残すのみとなりました。残り5カ月ほどの留学生活、悔いなく過ごしていきたいと思います。

さて、本日は12/11に私達が運営するJapan Business Club(JBC)が主催で行ったBridgestoneの工場見学ツアーについてご紹介させていただきます。ナッシュビルには、日産、Bridgestoneという二つの大手日本企業の北米本社があり、その関係の駐在の方も多くいらっしゃいます。今回はJBCのメンバーに加え、共同開催という形で、Operation Clubのメンバーも合わせて30人が参加しました。過去Bridgestoneの工場見学は実施したことがなかったため、Bridgestone本社に駐在している知り合いの方にお願いし、工場の担当者の方とのコネクションを作っていただき、実施に至りました。

当日は工場の担当マネージャーのプレゼンテーションと工場の見学をさせていただきましたが、驚くほど多くの最新技術が導入されていることを知り、非常に興味深いものでした。ツアーの最後には素敵なキーホルダーのお土産もいただきました。クラスメイトからも、とてもEnjoy出来た、という意見を多くいただき、来年以降もぜひ継続した企画として実施出来れば良いと思っています。春には、Operation Clubが主催する日産北米工場の工場ツアーに共同参加する予定で、こちらの企画も今から楽しみです。

さて、アプリカントの皆様におかれましては、いよいよRound2の出願も近づき、お忙しい時期をお過ごしのことと思います。何かご不明点がございましたら、何なりとJBCアカウントへお問い合わせ下さい!

夏休み:ESSEC Business Schoolへ交換留学

こんにちは。Class of 2016のYoshiです。

日本では連日猛暑のようですが、こちらNashvilleも負けずと暑い日が続いております。さて、私は社費留学生であるため、就職先でインターンを行う必要がなかったので、この夏は交換留学に行って参りました。今日はそのことについて書こうと思います。

Owenは交換留学に関して様々な大学院と提携しています。私はClass of 2015の先輩とOwen留学窓口スタッフのアドバイスの下、フランスのESSEC Business School(※1参照)のGlobal Manager in Europe(※2)というプログラムに参加しました。同プログラムの特徴を端的に言うと、ヨーロッパで管理職になるための知識を短期間で身に付けるというものです。EUの政治構造、EU諸国内の文化的な違い、EUの経済状況に加え、EU外交官が学ぶ交渉術(個人的にはこの授業が一番面白かったです)等を学びました。プログラム開催中にギリシャ問題が佳境を迎えていたので、教授陣から生々しい話を色々と聞くことができ、非常に価値あるプログラムだったと思います。ESSECはLuxury Brandに関するクラスで定評があり、後半は集中的に同領域を学びました。短期間で様々なトピックをカバーしないといけなかったので、座学中心の授業となり、Owenに比べるとやや対話に欠ける授業だったと思いましたが、優秀な教授陣の話を聞けて得るものが多かったです。

また授業が終わってからクラスメイトと連れ立って夜中までパリ市内を散歩したのが一番の思い出です。パリは緯度が高いため、夏は午後10時頃からようやく夕方になるという感じなので、本当に夜中の12時まで歩いていました。余談ですが、Nashville滞在1年を過ぎ、ラーメン禁断症状が出ていた私としては、日本の本格的なラーメンをパリで堪能でき、とても嬉しかったです(たぶん、3週間で1万円以上使いました。。。)。

フランスの街を歩き、歩きタバコをする着飾った若い女性、同姓のカップル、多くの中国人観光客、イスラム風装束を着た背の高い黒人、無銭乗車(電車)をする若者(駅員は見て見ぬふり)、無愛想なウェイター等、様々な人々を見かけ、肌感覚で現代のフランスを理解でき、非常に貴重な経験を得ることができました。

※1 ESSEC Business School概要
・1907年にフランスにて設立された私立大学。
・フランスに5つある商業系グランゼコール(フランスの高等教育機関の総称)
 の一つ。
・生徒数約5,200人、教授数145人。
・ヨーロッパでのビジネススクール・ランキングは15位
(Financial Times、2014年)。
・特にLuxury Brand Managementに定評あり。

※2 The Global Manager in Europe概要
・研修期間:3週間
・研修場所:フランス、セルジー市(パリから電車で40分)
・参加者数:36名。アメリカMBA生が約6割、アジアMBA生が約4割。
 出身国はアメリカ11名、カナダ5名、中国3名、韓国3名、ドイツ2名、
 日本2名、オーストラリア2名、メキシコ2名、インド1名、シンガポール1名、
 パレスチナ1名、カメルーン1名、ナイジェリア1名、アルメニア1名。

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター