1. Top » 
  2. 授業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Owenの半年を振り返って

Class of 2019のYです。本格的に授業が開始してから、半年少し経ちました。Mod 4の授業もあと1ヶ月ということで、あっという間に1年生が終わってしまうなあという印象です。MBA留学の目的は、キャリアチェンジ、ネットワーキング、転職、新しいことに挑戦するなど、人によって異なると思いますが、私自身受験時に考えていた留学の目的を頭の片隅におきながら過ごすようにしています。

留学生活の中でも、授業は充実度に影響すると思いますが、 私が1年次に受講した授業にはとても満足しています。Owenの1年次では、Mod2では選択1科目、Mod3では選択2科目、 Mod4では選択3科目を受講することが可能です。選択科目の検討の際に、2年生の皆さんに多くのアドバイスを頂いたのが、科目選択で失敗しなかった要因だと思っています。授業そのものについてはもちろんのこと、「事業会社で○○の仕事をする際にどの授業を取るべきか」のように、今までしたことがない仕事内容について、具体的な授業選択のアドバイスを頂くことができたのが、非常に有り難かったです。

私は、1年次はMarketingの科目を中心に受講しましたので、その内容を少し紹介したいと思います。Mod2では「Consumer Insights for Marketing Decision-Making」、Mod3では「Quantitative Analysis for Marketing」、そして、Mod4(現在)では「Marketing Analytics」を受講しました。この3教科でMarketing Research に 関わる内容を体系的に理解することができるようにカリキュラムが組まれており、連続で受講する学生も多いです。「Consumer Insights for Marketing Decision-Making」は定性的な市場調査、「Quantitative Analysis for Marketing」は定量的な市場調査、そして、「Marketing Analytics」はマーケティングのベースコンセプトであるSTP、4P 等を考える上で有益な様々なフレームワークを学びます。これらの授業の特徴は、理論習得はもちろんのこと、実際にチームでリサーチを行なったのち解析を行うということです。特に、定性的な市場調査や種々のフレームワークの適用に当たっては、ソフトウェアを駆使して解析していくことになります。解析はプログラミング(コードの作成)の要素が強く、解析時には統計の知識を使うことになります。正直言って、これらの授業の負荷はかなり重く大変なのですが、教授によるバックアップ体制も整っており、復習および毎週のグループおよび個人 アサインメントで、内容をしっかりと把握・理解することができると思います。また、これらの授業は非常に実践的であり、留学後の実務で容易に生かすことができるのではないかと感じています。

半年を振り返って、これ以外にも多くの授業を受講してきましたが、実務で触れたことがある内容や問題意識を持っていた内容であると、知識の吸収や理解が大きく異なってくると感じています。このようなことも頭に入れつつ、2年次も授業に取り組みたいと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html
スポンサーサイト

ヘルスケアプログラムについて

こんにちはClass of 2018のMoriです。
MBA生活も残り3か月となり、ここで自分のOwen志望動機であり、専攻としているヘルスケアのプログラムについて振り返ってみたいと思います。
私はここまでに下記の授業を履修してきました。
Health Care Immersion
Health Care Economics & Policy
Health Care Operations
Health Care Analytics
Health Care Marketing
Health Care Strategy
(Health Care Finance 来学期予定)

授業の詳細な内容はOwenのJBCホームページ内の各授業紹介をご参照いただくとして、おおまかには各医療機関などの実際のデータを用いて定量的分析を行い、問題解決策を考案する授業、そしてより大きな視点で医療を取り巻く情勢を学び、いかに良い医療を国民に提供するかを定性的に分析し考案していく授業とに分かれると思います。前者は日本に帰国した後も比較的特効性があるものと考えられ、後者は今後変化していくであろう日本の医療情勢のなかで、病院だけではなく政府や製薬会社、保険会社など医療にかかわるステークホルダーの多様な視点で物事を理解することに役立つのではないかと考えます。

このように多岐にわたり、定量・定性的な分析方法や多様な視点を学べたのは、Owenがヘルスケアに特化した幅広い授業を提供しているからだと思います。その一方で、個人的にはヘルスケア、または他のいかなる業界においても、根本となる戦略論、組織論などは共通の知識や見解が応用できると感じるようになり、後半は自分が興味のある授業を取りました。そしてヘルスケアの授業以外からも、自分が引き続き関わっていく病院経営について学ぶことも非常に多いと感じています。このような他の授業においても、Medicalを有するVanderbilt大学、そしてヘルスケア産業が盛んなNashvilleという土地柄、ヘルスケアにまつわるケースやゲストスピーカーのレクチャーを聞く多くの機会があります。結果的に、専攻に関わらず、Owenでは多くのヘルスケアに関することを学ぶことができたのではないかと思います。

MBA生活が終わりに近づき寂しさを感じながらも、本当の勝負はいかに学んできたことを今後に活かしながら自分の人生を豊かにするかということだと思います。今は再度働くことに関してモチベーションが高まっています。

最後に、今後Owenへの進学を考えていらっしゃる皆様、JBCは全力でサポートしますのでお気軽にお問い合わせください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Strategy and Operations Consultingについて

こんにちは。Class of 2018のToshiです。今回はOwenの授業の中でも一風変わっている”Strategy and Operations Consulting”についてご紹介いたします。

授業名の通り、本授業では実際に企業が直面している課題に対して、学生がグループを組んでコンサルティングを行うHands-onな授業となります。講師としてOwen卒業生で現役コンサルタント2名が講義及びプロジェクトのサポートを行います。毎年、対象企業や扱うテーマは異なるようですが、今年はある大手小売業が買収したカナダのチェーン店の米国進出に関して検討するプロジェクトが課せられました。

一番の醍醐味は役員の前での複数回のプレゼンテーションに尽きます。今回はFortune 1000に名を連ねる企業が対象でしたが、業界のプロフェッショナルである方々の前で解決策を提案した経験は大きな財産になりました。例えば、発表途中でも容赦なく質問が飛んできたり、役員同士のディスカッションに発展したりするなど、双方向なやり取りが印象的で私がこれまで持っていた一方向なプレゼンテーションのイメージが覆されました。また企業側が真摯にプロジェクトに取り組んでいただけたことも好印象でした。ある授業ではCFO(最高財務責任者)が来校され、プロジェクト評価モデルについて90分間講義・議論する機会がありました。他にも役員との個別インタビューや施設見学など色々と便宜を図っていただきました。一方で、年商数十億ドルの会社がこうして学生コンサルティングに時間を割いていただいている以上、こちらも下手な成果物を出せないというプレッシャーはありました。

また、コンサルティング実務のイロハを学べたことは未経験の私にとって収穫でした。MBAではビジネスで直面する”答えのない問題”に対してどう取り組んでいくかを学べますが、この授業ではそれが顕著に身につけることができます。精通していない業界の課題に対して短期間で結論を導き出すには、ある種のメソッドやフレームワークが必要となります。もちろん、それらは万能ではなく、トライ&エラーを繰り返すことも多いです、やみくもに取り組むよりは効果的だと思いました。本授業は講師陣の指導とプロジェクトへの活用を通じてプロジェクトマネジメントを習得できるように設計されており、例えコンサル業務に従事しなくても身についたスキルは様々な場面で応用できると感じています。

最後に本授業の特色として、受講人数が少ないことが挙げられます。例年15人前後とのことで、Owenのsmall school cultureが反映されているのを感じます。同じグループのメンバーはもちろん、他の生徒ともinteractiveな授業スタイルも手伝って密な関係を築くことができます。受講者が少ないのは、インターン明けの学生がHands-onな授業を敬遠しているから、と個人的に思っていますが、その分参加者は皆モチベーションが高く、授業に積極的です。また、今年は交換留学生や他学部出身者(今年は工学部)が受講するなど個性豊かなメンバーが揃い、日々刺激を受けました。

Owenのほとんどの授業はモジュールで区切られていますが、本授業はセメスターを通じて行われるため、コマ数は通常の2倍となっています(その分単位数も2倍になります)。現在のカリキュラムでは2年次の秋学期でしか受講できませんが、特に社費派遣の方は、アメリカのビジネスに触れる絶好の機会として検討いただければと思います。


■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

LDP Individual Approachについて

初めまして、Class of 2019のYです。

今回は当校のLeadership Development Program(以下、LDP)のIndividual Approachについて説明させて頂きます。LDPとは各々が目指すリーダー像を把握・実現するために、LDPのカウンセラーや専門コーチとともにMBAの学生全員が取り組むプログラムのことをいいます。最初にHogan Assessmentというツールを使って自己分析を行ったのち、その後IndividualかSharedのいずれかのアプローチを自身で選択し、各々が目指すリーダー像を深掘りしていくことになります。Sharedのアプローチについては2017年7月のブログにToshiさんからの記載があるので、そちらもあわせて参考にして頂ければと思います。

Individualを選んだ理由としては、実務において10人程度のメンバーを4年間率いた経験があり、自分のリーダーシップのスタイルを完全ではないものの持っていたことと、この部分は自分なりに改善する必要があるのではないか?という自分なりの問題意識を持っていたためです。リーダーシップのスタイルについては正解がなく、その人の性格・特性やバックグラウンドに大きく関わる部分であるとの認識があり、自分なりのリーダーシップスタイルを模索していた私にとっては、Individualのアプローチは非常に魅力的に感じました。

Individualのアプローチを選択すると同時に、今後いっしょにやっていくことになる専門コーチの希望を申請することができます。私の場合は、「私の今後取り組む業務領域について知見がある」、「新規事業の立ち上げ経験がある」、の2つを特に強く伝えました。その結果、私が希望を満たす専門コーチについてもらうことができました。専門コーチを仕事にしておられるというよりか、ある会社のCEOをされており実務経験が豊富な方です。

先日、専門コーチの方と初回のカウンセリングがありました。私なりのリーダーシップスタイルを説明し、Hogan Assessmentを参考に議論をしました。日本とアメリカでキャリアの考え方やマネジメントスタイルの違いがあること前提で、率直に意見を言って欲しいということをお伝えしています。初回の打ち合わせで、課題が見えてきたので、次回のカウンセリングに向け早速宿題が出ています。

LDPについては、入学するまで知らなかったのですが、少人数制のOwenならではの素晴らしいプログラムではないかと思っています。ぜひ有効活用していこうと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

LDP Shared Approachについて

こんにちは。Class of 2018のToshiです。

今回は当校のLeadership Development Program(以下、LDP)のShared Approachについて説明していきます。そもそもLDPとは各々が目指すリーダー像を把握・実現するために専門のコーチと取り組んでいくプログラムのことで、まず全員がHogan Assessmentというツールを使って自己分析を行い、その後IndividualかSharedのいずれかのアプローチを自身で選択することになります。
Individualではコーチとマンツーマンで取り組んでいくのに対して、Sharedでは1人のカウンセラーと3人の生徒によるグループセッションを4回行います。Sharedを選択したら、まず事前アンケートに回答し(例:どういった弱点を克服したいか、どういった性格のメンバーと取り組みたいか等)、その結果を基に大学側がグループ分けを行います。その後のセッションの進め方はグループによって様々ですが、私のグループは各々がリーダーシップを発揮するに当たっての課題を模索し、いかにOwenでの生活を通じて改善していくかをグループ全体で共有しながら進めていきました。

何故私がSharedを選択したかといいますと、
・Individualの1対1セッションで取り組みたい課題が見つからず、Sharedを通じて他メンバーとのディスカッションや課題の共有からヒントを得られると思ったから
・他の人が抱えている課題に興味があったから(Personalな部分を普段聞ける機会がないので)
・少人数のグループでディスカッションする機会を作りたかったから
・同級生とのネットワークを広げたかったから
等が挙げられます。

そして実際のセッションを通じて上記で書いたことが実現できました。また実際にセッションを行って自分の悩みを他の同期と共有した結果、改善活動時に彼らの協力を仰げることも強みだと感じました。私の場合、InternationalにありがちなGroup contributionをテーマとしてきましたが、たまたまSharedのメンバーと授業のグループで一緒になった際に、自分のParticipationが上がるよう便宜を図ってもらって普段以上に意見できたことがありました。また、授業での積極的な発言にも取り組んでいたのですが、私の取り組みを知るメンバーがいるクラスだとよりプレッシャーがかかり、(質はともかく)発言回数が増えました。

正直LDPは自分の意識次第で良くも悪くもなってしまう所があるかと思います。その中においてSharedは同級生のサポートがあるので、個人的にはIndividual以上の成果が出たのではないかと思います。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。