FC2ブログ
  1. Top » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

MBAとビール文化

こんにちは。Class of 2020 のTNです。今回の記事ではビールに関する話題を集めてみました。

MBA生活とビールなんて関係あるのか?と思われた方も多いのではないでしょうか。ですが、毎週木曜日のClosing Bellの場で、普段の教室のすぐ隣にビールが用意されています。もちろんアルコールを飲まない人もいますが、ビール自体が会話の話題になることもあるので是非紹介させていただきます。

・交流の場でのビール
MBA生活の中で、私がまず驚いたのはClosing Bellでした。Closing Bellとは毎週の授業終了時(木曜日の夕方)から、Owenの敷地内で学生同士交流する場です。ビールを含むアルコールが提供されるので、飲み物片手に皆で疲れを忘れ談笑する場になっています。また、Closing Bellの場でクラブ活動の紹介、企業のインターンシップ紹介、そしてダンスやバンドのショーなども催されます。

Closing Bell以外にも、採用活動目的で来られた企業の方々と立食形式で会話するというような機会もあります。キャンパス内の様々な場面でビールに遭遇することになり、MBA生活とビールは切っても切れない関係なのです。

・ビジネスとビール
Closing Bellで出されるビールは普通のラガービールですが、アメリカではクラフトビールがブームです。日本でもクラフトビールが流行りつつありますが、それに先駆けてアメリカでは市場が急成長していて、レストランやバーでも様々なビールを目にします。アメリカのクラフトビールの生産量は2012年頃から急速に増え、現在の生産量は当時の約2倍とのことなので驚きです。

ナッシュビルにも有名な醸造所がいくつかあり、その1つがYazoo醸造所です。こちらの醸造所は数種類のビールを生産しており、レストランやバー、そしてスーパーなどでもよく見かけます。このYazoo醸造所ですが、実はOwenの卒業生Linus Hallさんが2003年に設立したのです。わずか15年ほどの期間ですが、Yazooは立派なブランドとして確立されています。醸造所では工場見学もしているので、ナッシュビルにお越しになる際は立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。

・ビールのボキャブラリー
レストランやバーに行くと、日本よりもビールのラインナップが多いです。良く目にするのは下記の種類のビールかと思います。
・ラガービール:日本の大手企業が出しているビールの種類。日本で良く口にする種類のビールです。
・Pale Ale(ペールエール):ラガービールよりも濃い色で味もしっかりしています。赤銅色であることが多く、ほんのり柑橘系の香りがします。
・IPA:ホップを多く使用し、苦味が強いビール。アルコール度数も高めです。

私はIPAが好きなのですが、同級生がIPAの味の表現にearthyという言葉を使っていました。IPAのしっかりとした香りと苦味が、土のようだという意味のようです。ワインの表現にも使われるようです。どんな種類が好きか、香りや味はどう感じたかということを英語で表現できるようになれば、友人との会話がより一層楽しくなりますよね。

以上、アメリカでの生活をビールという視点から紹介しました。飲み過ぎには気をつけて、皆さんも是非アメリカのビールを楽しみに来てください。

参考:
BREWERS ASSOCIATION
Owenの卒業生Linus Hallさん

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html
スポンサーサイト

住宅事情・手続きについて

こんにちは。Class of 2020 のYです。今回のブログでは住宅事情について紹介させていただきます。

留学する上で気になることの一つは住宅事情ではないでしょうか。具体的な住宅検索方法や手続の流れについては、Manual for Nashville Lifeをご参照ください。今回は私の具体的なアパート締結までの話と他の1年生の話に焦点を当てます。

1.スケジュール
私のアパート入居までのスケジュールは次のとおりでした。一見すると何も問題がないように見えますが、オンラインで申込んだあとにアパートから連絡がなかなか来なかったため、こちらからメールと電話をしました。相手方から連絡がないときや疑問に思うことがあるときは積極的に確認することが重要だと思いました。また、住居日が14日になってしまったことも誤算でした。合格後の早い段階でアパートを探すことが肝要だと思います。
 6月上旬 先輩からいただいたリストからアパートを選択
 6月11日 オンライン上で申込
 6月21日 入居審査申込
 6月26日 入居承諾通知の受領
 7月12日 住宅保険加入
 7月9日~:ISBP(International Summer Business Program)参加
 7月14日 入居

2.手続
入居前に必要だったことは次のとおりです(アパートによって預託金の取扱は異なります。)。
 ・仮押さえのための預託金の支払(賃料1か月分)
 ・財政証明,I-20,パスポートの各コピーの送付(電子メール)
 ・Nashville Electric Service(電気会社)の契約(入居前に契約を締結する必要があります。)
 ・住宅の保険契約加入
 ・入居に際して預託金の支払い(賃料1か月分)

3.私のケース
私のアパートの選択基準は、①値段②生活環境③他の一年生の住居の状況でした。派遣元の会社から月額賃料$1,500の1bed1bathという制限があったので、その金額にみあう物件をまずは探しました。$1,500の場合、新しくて、学校に近い物件(徒歩10分)で条件にあうものはなかなかないものの、少し古い物件や少し離れたところでは物件を見つけることが可能でした。次に候補の中から徒歩や自転車でも大学に通えることや家族が買物に行きやすいかなどの生活環境を考慮して、Hillsboroという大学から南側へ徒歩20分のところに決めました。さらにいえば、同じアパートに同級生が住んでいることも決め手の一つでした。授業が始まると忙しいため、夜に気軽に会える友人を同じアパートに持っているということが生活面でも勉強面でもとても助かっています。

4.他の1年生
他の一年生は、一人は私と同じHillsboroに住んでいますが、他の二人は、それぞれCharlotteといいう大学の北側の地域と、Music Rowという大学の北東側の地域に住んでいます。スーパーやレストランの有無や値段や街の雰囲気など地域により差がありますので、ビジットの際は時間があれば、住環境をご覧ください。なお、2人は、渡米後に住宅の契約をしています。ホテルなどの仮住まいを確保することで、渡米後に住宅を探して契約することも可能です。しかし、即日の契約は難しいため、1週間程度の余裕を持った計画が必要です。

5.その他
MBA以外の日本人留学生の方で次のサイトでルームメイトを見つけて格安の物件に入られている方がいますので、ご紹介します。

Off Campus Housing Search

ルームメイトを探している場合は、この検索サイトを使うことも一つの方法だと思います。1年生のうちの一人は、同じMBAの他国の留学生とルームシェアをしています。合格後に立ち上げる合格者向けのFacebookグループを通じてルームメイトを探してみるという方法もあります。


以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。年末に向けてさらに受験準備がハードになると存じますが、くれぐれもお身体、ご自愛ください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

渡米準備について

こんにちは。Class of 2020 のDAです。今回のブログでは渡米準備について紹介させていただきます。

渡米準備ですぐに思いつくのはビザの手続きや役所の手続きなどではないでしょうか。しかし、これらは他の多くのブログやウェブなどで紹介されているため、今回は渡米直後に困らないための準備に焦点を当てたいと思います。

私の渡米スケジュールは以下でした。合格通知受領が遅かったため、タイトなスケジュールでした。当初予定では渡米後1週間で生活を整える計画としていました。
5月下旬:合格通知を受領
6月渡米準備
7月2日:渡米
7月9日~:ISBP(International Summer Business Program)参加

また、渡米直後に必要なことは大まかには以下です。
・空港からホテルに移動(アパートの生活環境が整うまでの仮住居としてホテルを使用)
・ホテルからNashville Electric Service(電気会社)に移動し契約
・アパートに移動し契約
・Walmart等で生活用品を購入
・Amazon等で家具を購入

上記の必要事項を実施するためには、以下のものが必要となります。
・移動手段(Uber, Lyft, 公共交通機関の利用、車の手配(リース、購入))
・米ドル現金(アパートのデポジット支払い用)
・クレジット/デビットカード

まずは移動手段について記載します。Nashvilleの公共交通機関はバスのみとなっており、あまり頻繁に走っているわけではありません。場合によっては20分以上待つこともあります。ルートや時間は スマートフォンのマップで検索できます。また、NashvilleではUberとLyftの両方が使えます。どちらも2~3分待てば迎えに来てくれる環境です。タクシーの代わりとして使えますが、頻繁に使用するとコストがかさむのが難点でしょうか。私の場合は、社費の派遣元が車のリース費用を負担してくれる環境だったため、日本にいる間に日本語が通じるリース会社にコンタクトを取り、渡米日までにホテルに車を届けてもらっていました。すぐに車を使えたので大変便利でしたが、渡米当日から運転するのは緊張しました。

次に米ドル準備について記載します。多くの方は渡米後すぐに銀行口座を開きデビットカードを入手するかと思いますが、デビットカードを入手するまでには約1週間程度かかります。アパートのデポジットが現金のみであったり、米国のAmazonに登録できるのが米国で発行されたクレジットカードのみであったりなど、クレジットカードが使えないための予定外の出費もありました。生活用品購入も含めて2週間~1か月程度暮らせるようなまとまった額の現金の準備が必要になります。私の場合は、米ドル現金、日本発行のクレジットカードに合わせて、日本で申し込める米国の銀行口座を開設しデビットカードを用意して渡米しました。このデビットカードが大変便利だったので、ぜひ事前に準備することをお勧めします。

Nashvilleは夏の暑さが収まり、秋に向けて季節が変わり始めています。キャンパス内の木々も少しずつ色づき始めている状況です。最後まで読んでいただきありがとうございます。夏の疲れが出やすい時節ですので、お体ご自愛ください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

ISBP in 2018

こんにちは。初めて投稿させて頂きますClass of 2020 のYKです。

7月9日から3週間にわたって行われたISBP(International Summer Business Program)と呼ばれるプログラムが終わりましたので、今回のブログではそのISBPの内容について紹介させて頂きます。私たち4人の日本人を含め、インド、エチオピア、パナマ、韓国、中国など多様な国から集まった生徒が一同に介して、慣れないアメリカの地でRegular Classに備えるというのがプログラムの趣旨です。しかし、海外生活経験のない私にとっては決してウォームアップなどではなく、母国語のように英語を扱うクラスメイト達に日々必死に食らいついていったというのが正直な感想です。プログラムには多彩なカリキュラムが用意されており、入国後の書類のフォローアップやキャンパスの施設の使い方などのオリエンテーションを始め、実際のケーススタディーの課題を使ったディスカッションを行いました。もちろん、英語力をより洗練させるためのプレゼンテーション、スピーチ、ライティングなどの授業も受けました。ただ、プログラムのスケジュールはタイトではなく、新生活を始めるためのRelocation timeも設けられているため、ISBPのための準備に時間を取られて生活のセットアップができないということは決してありません。私の場合はOwenの同期であるインド人学生とルームシェアを始めたため、コミュニケーションを取るのに四苦八苦しながらの新生活の出だしとなりました。それでも問題なく新居での生活が始まり、ルームシェアを通じて大変貴重な、そして楽しい経験をできています。ルームシェアについてはまた別の機会に紹介させて頂きます。

さて、ISBPですが、7月25日にプログラムの集大成となるContestが行われました。ContestはアメリカのポップカルチャーをOwenの生徒及びスタッフにプレゼンするというもので、発表本番は大教室で行われました。私はインド人2人と共に3人チームとなりSuper Bowlを題材にして発表を行い、結果、幸運に恵まれて優勝する事ができました。チームリーダーとなりメンバーとコミュニケーションを取りながら資料を完成させ、練習を計画的に行うことは簡単ではありませんでしたが、なんとか仕上げたプレゼンを評価してもらえたことは本当に嬉しく、自信にも繋がりました。他の日本人3人のメンバーも存分に存在感を発揮し、素晴らしいプレゼンを堂々と行い、内1人は準優勝となりました。ISBPを通じて生徒同士の親交も大いに深まったと感じています。

いよいよ来週からはアメリカ人学生も交えたオリエンテーションが始まります。チャレンジングな状況も予想されますが、それを積極的に受け入れて自分の糧にしたいと思います。

s_IMG_1907.jpg


■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

夏休みと次年度に向けて

こんにちは。Class of 2019のAiです。

Class of 2019のみんなは、ただ今3ヵ月の夏休み真っ只中。大半の学生はアメリカ各地で就職活動の一環としてインターンシップを行っています。企業派遣として留学している私は、インターンシップの必要がなく、基本的には自由に過ごすことができます。夏休み前半はグランドサークル周辺のRoad tripと日本への一時帰国をして過ごしました。社会人生活の中で、長期旅行は最初で最後では?と考えて、家族で思いっきり楽しんできました。このブログでも過去にご紹介していますが、Road tripは日常的な視点からアメリカを知り、理解する、とても楽しく有意義な経験で、この夏季旅行は家族にとっても一生忘れられない思い出となりそうです。一方で、渡米からあっという間に一年が過ぎ、振り返ってみると、初めてのアメリカ生活や学校、授業で多くのことを学んだことも事実ですが、正直なところ、まだまだ英語力が不足していること、授業内容についても十分理解し切れていない点があることを痛感していましたので、次年度のさらなる学びにつながるよう、英語力向上と授業内容の復習にも努めています。

このような中、先日、新一年生(Class of 2020)の日本人4名がNashville 入りしました。皆さんは、生活立ち上げを行いながら、一足先に留学生向けサマープログラムに参加されており、早くも慌しい日々を過ごされています。今年は日本人全員で7名となり、学校全体に対して少人数ではありますが、周りを巻き込みながら日本のさまざまな顔をOwenの皆さんに紹介していきたいと考えています。特に今年のJapan Business Clubは、Global Business Associationと連携してJapan Trekを予定しているほか、アメリカ人Board Memberとのディスカッションを踏まえて新たなイベントもたくさん企画しているので、授業外の活動もさらに充実させていきたいです。

受験生の皆さんにおかれましては、スコアメイキングをされながら、受験校を検討されているところかと思います。Owenにご興味のある方やご質問のある方は、お気軽にJBCまでご連絡ください。

■JBC(Japan Business Club)公式HP
http://www2.owen.vanderbilt.edu/owenclubs/japanese/jp/1_home.html

Page Top

プロフィール

vandyowen

Author:vandyowen
米国テネシー州ナッシュビルにあるVanderbilt大学Owen経営大学院の日本人在校生によるブログです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。